インターンシップ募集情報の探し方と応募方法

「インターンシップに参加しようと思っているけど、募集情報の探し方や応募方法がわかりにくい」
今回はインターンシップ募集情報の探し方と応募方法について紹介します。

インターンシップって何?

短期・長期インターンシップの募集開始時期を知る

・短期インターンシップの募集時期
主に3年生の5月から7月にかけて募集が行われ、8月から9月に開催されるサマーインターンシップと、 11月から12月に募集が行われ、1月、2月で開催される秋冬インターンシップがあります。
中でも外資系企業のインターンシップ(ジョブ)は日系企業よりも早い時期(3月、8月)がはじまるため、探しにくく、見逃しがちです。
・長期インターンシップの募集時期
基本的に通年で採用が行われており、採用人数が少ないため、採用され次第、求人が閉じてしまいます。
また、ベンチャー企業での開催が多いため、募集情報が探しにくいのが現状です。
長期インターンシップの求人が多く出るタイミングは、4年生が卒業して退職するタイミングや、長期休業期間前(6月、12月、2月)に比較的多くなります。
また、ベンチャー企業であれば求人を募集していなくても、問い合わせることで応じてくれるケースもあるのため、問い合わせして確認してみるのもいいでしょう。

短期インターンシップ募集情報の探し方

大手ナビサイトを使って探すのが主流となっていますが、近年では大手ナビがオープンする6月前に募集情報を出す企業が増えています。
特に外資系やベンチャー企業では4月、5月から募集をはじめているため、知らない間に締め切りをすぎているケースもあります。
中にはSNSや一部の大学に限定して募集情報を公開する企業もあるため、しっかりと情報収集をする必要があります。
早期の募集情報を逃さないために「インターンまとめ」を利用して探したり、大学の意識高い友人に話を聞くのが情報を探す近道となります。
既に志望企業や興味のある企業がある場合は、昨年の開催情報などを探し、企業HPにある「採用」ページを定期的にチェックしておきましょう。

長期インターンシップ募集情報の探し方

長期インターンシップの募集情報は非常に探しにくいのが課題となっています。
また、長期インターンシップ用のナビサイトもいくつかありますが、情報が少なかったり、応募しても返信が無かったりというのが現状です。「インターンまとめ」ではしっかりと情報を網羅していますが、もし掲載がなかった場合には、直接問い合わせしてみてください。
「御社のインターンシップを経験したいのですが、インターンシップは行っていますでしょうか」と問い合わせをすれば実施してくれる企業もあるかと思います。

求人・募集情報の見方

求人情報を探して見る際、目が行きがちなのは時給や報酬ですが、インターンシップで重要視しなければならないのは「プログラム内容」や「職務内容」です。
どんなプログラムなのか、どんな仕事内容なのかについてしっかりを目を通して下さい。
また、そのプログラムや仕事から自分にどんな力がつくのか、どんな経験ができるのかについても合わせて考えてみてください。

長期インターンシップの場合は期間が長いため、仕事内容をしっかりと理解する必要があります。
求人情報だけでなく、企業のHPも探して見ておくと、事業内容やサービスについての理解が深まり、求人されているプログラム内容や仕事内容に関する理解が深まります。
応募時の志望動機にも活かせるので必ず見ておきましょう。

応募時の注意点

志望動機や自己PR、企業からの課題を提出して応募完了となります。
間違いやすい点に、短期インターンシップの「プレエントリー」があります。
プレエントリーはあくまで応募の意思があることを伝えるだけのもので、応募完了にはなりません。
プレエントリーの際に入力したメールアドレスに追って応募手順や課題が届くので、提出後、応募完了となります。

会員登録をして、
気になる会社の求人をチェックしてみよう!