0件保存中
確認する>>

サントリーホールディングス株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

2005年から掲げているサントリーグループのコーポレートメッセージ「水と生きる SUNTORY」。これは、コーポレートマークの精神をよりわかりやすく伝え、私たちの思いや活動を広く社会と共有するための言葉です。ウイスキーやビール、ワイン、清涼飲料や健康食品など、お客様に水と自然の恵みをお届けする企業として、地球にとって貴重な水を守り、水を育む環境を守りたい。水があらゆる生き物の渇きを癒すように、社会に潤いを与える企業でありたい。そして水のように柔軟に常に新しいテーマに挑戦していこう。そんな思いを日々新たにする言葉。それが、「水と生きる SUNTORY」です。(会社HPより)

ビジョン・理念について

人と自然と響きあう。
この言葉は「世界の人々、人々を取り巻く様々な自然環境と響きあいながら、人々のニーズにもとづいた生活文化の豊かな発展と、その存続基盤である地球環境の健全な維持をめざして企業活動に邁進し、真に豊かな社会の実現に貢献する」という私たちサントリーグループの存在理由ならびに到達目標を表しています。
私たちサントリーグループは、この企業理念のもと、よき企業市民として最高の品質をめざした商品やサービスをお届けし、世界の生活文化の発展に貢献していきます。
(企業HPより)

会社について

サントリーホールディングス株式会社はサントリーグループにおいて中心となる会社です。2009年に持株会社制移行の関係でサントリーグループの中に新規設立がされたという会社でもあります。従業員数はグループ全体で約38,000人にも上り、売上高においてはグループ全体で約2兆4千億を記録しています。近年では清涼飲料水部門だけでなく、健康食品・化粧品事業においても業績改善を見せるなどマルチに渡って活躍している会社です。

企業の特徴・強み

サントリーホールディングス株式会社の強みとしては「独自性の強い商品開発力」があげられます。国内では伸び悩みを見せている清涼飲料部門において「オランジーナ」などの新商品をコンスタントに提供できる開発力は、他社と比べてもレベルが高くなっています。ビール部門においても「男性」→「女性」へと目を向けた的確な戦略でキリンHDをビール部門で上回るなど、経営・販売戦略においても独自性が強いことも特徴です。

事業・商品・サービスについて

サントリーホールディングス株式会社には、主な事業部門としてウイスキー部門 ・ビール類事業・ワイン事業・清涼飲料水部門の4つに分けられた飲料部門があります。また健康食品・化粧品事業事業・外食・中食事業・生花事業など発展中の事業においては、外食・中食事業を買収するなど、少しずつ成果が表れており、成長が期待されています。また、大手企業にしては珍しく非上場企業であるという点も特徴であり「株価の変動を受けにくい」という利点のある会社です。

業界動向

メーカー業界の中でも、飲料市場ではコカ・コーラや伊藤園、サントリー、キリン、アサヒ、サッポロなど大手企業が多く存在しています。量販店の安売りが続いており、市場が伸び悩んでいるため、各社企業・事業買収に積極的です。アサヒグループのカルピス買収やサッボロとポッカの統合企業「ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社」の設立に加え、サントリーの海外飲料買収や日本たばこ産業の一部事業買収が業界で注目されています。

業界でのポジション

飲料市場でのポジションとしては、ビール部門1位であったキリンHDを抜き去り堂々の1位を飾っています。売上高として約2,400億円をビール部ものみで獲得しており、2位の企業と比べると約300億円もの差があります。また、健康事業も波に乗っていることから今後の更なる成長を期待されている企業です。「独自性の強い商品開発力」を武器に清涼飲料水部門、健康食品・化粧品事業など様々な領域でシェアを拡大しています。

ES/面接での質問事項

「サントリーホールディングスを志望する動機を教えてください」
「サントリーホールディングスに入社したらどのようなことをやりたいですか?」
「これまで大学ではどのような活動をしましたか?」

会社名

サントリーホールディングス株式会社

事業内容

グループ全体の経営戦略の策定・推進、およびコーポレート機能

設立年月日

2009年2月16日

代表者

代表取締役会長佐治 信忠代表取締役社長新浪 剛史

従業員数

37,613人(2014年12月31日現在)

所在地

〒530-8203大阪府大阪市北区堂島浜2-1-40
この会社の募集