0件保存中
確認する>>

ボストン・コンサルティンググループ

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は、世界をリードする経営コンサルティングファームとして、政府・民間企業・非営利団体など、さまざまな業種・マーケットにおいて、カスタムメイドのアプローチ、企業・市場に対する深い洞察、クライアントとの緊密な協働により、クライアントが持続的競争優位を築き、組織能力(ケイパビリティ)を高め、継続的に優れた業績をあげられるよう支援を行っています。

1963年に米国ボストンに創設。現在では、世界約46ヶ国にオフィスを設置しています。1966年に世界第2の拠点として東京に、2003年には名古屋に中部・関西オフィスを設立しました。

またBCGではコンサルティングを通して培った独自のスキルや知見をよりよき社会の実現に役立てたいという想いから、社会貢献活動を行っています。 近年では、セーブ・ザ・チルドレン、WFP国連世界食糧計画、日本盲導犬協会、Teach for Japan、日本女子サッカーリーグ、岩手県などを支援しています。(会社HPより)

ビジョン・理念について

『Shaping the Future. Together.』
・ 独自の解決策により競争優位を構築する
・ 組織能力を高め、組織を動かす
・ 持続的なインパクトを実現する
・ 個人の成長のために比類ない機会を提供する
・ 情熱と信頼をもって共に成長する
・ ビジネスや社会を変革する最適なパートナーであり続ける
(企業HPより)

会社について

ボストン・コンサルティング・グループは世界的にサービスを提供している、戦略系コンサルティングファームです。競合であるマッキンゼー・アンド・カンパニーと共にコンサルティング業界の双璧であり、「フォーチュン・グローバル500」という各種ランキングで上位に入るような企業の半分以上がボストン・コンサルティング・グループの顧客となっています。世界で40カ国以上にオフィスを構える世界的なコンサルティングファームです。

企業の特徴・強み

ボストン・コンサルティング・グループの強みはローカルに合わせた現実的な戦略立案にあります。競合のマッキンゼーは劇的な戦略を立案するのに対して、ボストン・コンサルティング・グループは顧客の社員数や能力・時間的制約などを考慮し、実現性できる戦略を策定し立案する点が特徴的です。また、拠点ごとに文化を捉え、現地のニーズに合わせて、現地の人が働くため、堅実にサービスを拡大できています。日本でも好調な業績を残しており、コンサルティング業界では注目の的です。

事業・商品・サービスについて

ボストン・コンサルティング・グループは世界中で戦略コンサルを行うコンサルティングファームです。「BCGコンセプト」と呼ばれる経営に革新を起こすようなコンサル手法や考え方を開発して、顧客にサービスを提供しています。「経験曲線」という考え方が有名で、経験を蓄積するにつれて、課題解決が効率的になるという考え方です。大手企業を中心に先進的な戦略コンサルを行っています。

業界動向

国内での業界規模は3090億円(2014年、IDCジャパン調べ)。
コンサルティング業界はM&Aの仲介や企業経営の中心に関わるもの、人事戦略など幅広い業務を行うことが特徴。マッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループなど知名度の外資系コンサルが有名で、日系ではシンクタンク系の多くなっています。近年は経営統合などで規模を拡大し、様々な分野に対応する総合コンサルティング会社が増えており、コンサル業界では競争が増しています。

業界でのポジション

金融系コンサルティング、戦略系コンサルティングなどいくつかの領域に分かれているコンサルティング業界ですが、ボストン・コンサルティング・グループは戦略系コンサルティングを行っています。企業の経営戦略を立案するような仕事であり、日本でも外資系のコンサルティングファームがシェアを獲得しています。ボストン・コンサルティング・グループもマッキンゼー・アンド・カンパニーと共にコンサルティング業界の双璧と呼ばれ、世界中で注目されているコンサルティング会社の1つです。

ES/面接での質問事項

「自己PRを含めて自己紹介をしてください。」
「5年後、10年後にはどんな人間になっていたいですか」
「あなたが大切にしている価値観と具体的なエピソードを教えてください」

会社名

ボストン・コンサルティンググループ

事業内容

設立年月日

1963年

代表者

リッチ レッサー

従業員数

所在地