0件保存中
確認する>>

マッキンゼー・アンド・カンパニー

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

マッキンゼー日本支社は、日本企業および多国籍企業のクライアントの最重要目標の達成に向け、本質的かつ継続的な成長を遂げるための支援を行っています。私たちは世界的に高い評価を受ける専門知識を有し、日本特有の状況や環境に適応させながら、現在、多くの業界トップ企業を含む国内上位30社の7割に相当する企業に、その知見を提供しています。また、グローバリゼーション、全社戦略および事業部門戦略、さらにマーケティング、営業、ソーシング、商品開発、サプライチェーンなど、あらゆる職種・機能のオペレーション改善を通じて、顧客企業の取り組みをサポートしています。(会社HPより)

ビジョン・理念について

One Firm Policy
(企業HPより)

会社について

マッキンゼー・アンド・カンパニーは世界的にサービスを提供している、戦略系コンサルティングファームです。競合であるボストン・コンサルティング・グループと共にコンサルティング業界で双璧と呼ばれており、世界で50国以上の拠点を構えて、グローバル展開しています。元はカーニー&マッキンゼーというファームが2つに分かれ、設立されました。一方は戦略系コンサルティングファームの競合であるA.T. カーニー株式会社です。

企業の特徴・強み

マッキンゼー・アンド・カンパニーの強みは圧倒的なブランド力を活かして、最大級の案件で活躍している点です。戦略系に留まらず、コンサルティング業界でトップの地位を築き、大規模な案件の依頼が多く来ています。他のファームには難しい案件でも、圧倒的なコンサルティングノウハウと、業界の中でもハイクラスな人材を活かして成功を収めているコンサルティングファームです。

事業・商品・サービスについて

マッキンゼー・アンド・カンパニーは世界的にサービスを展開している戦略系コンサルティングファームです。世界で50国以上の拠点を構えており、各国のノウハウを活かしてグローバル進出の支援なども行っています。具体的には、日本企業の中南米進出があげられます。海外展開のノウハウがない日本企業に対して、コンサルティングを行っており、活躍している領域です。

業界動向

国内での業界規模は3090億円(2014年、IDCジャパン調べ)。
コンサルティング業界はM&Aの仲介や企業経営の中心に関わるもの、人事戦略など幅広い業務を行うことが特徴。マッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループなど知名度の外資系コンサルが有名で、日系ではシンクタンク系の多くなっています。近年は経営統合などで規模を拡大し、様々な分野に対応する総合コンサルティング会社が増えており、コンサル業界では競争が増しています。

業界でのポジション

マッキンゼー・アンド・カンパニーはボストン・コンサルティング・グループと共にコンサルティング業界の双璧と呼ばれ、世界中で注目されているコンサルティング会社の1つです。シンクタンク系コンサルティング、金融系コンサルティングなど様々な分野があるコンサルティング業界ですが、マッキンゼー・アンド・カンパニーは戦略系コンサルティングを行っています。企業の経営戦略を立案するよう仕事であり、日本でも外資系のコンサルティングファームがシェアを獲得しています。

ES/面接での質問事項

「なぜコンサル業界なんですか?」
「なぜマッキンゼーを選んだのですか?」
「将来何がしたいんですか?」

会社名

マッキンゼー・アンド・カンパニー

事業内容

設立年月日

代表者

ドミニク・バートン

従業員数

所在地

〒106-0032
東京都港区六本木1-9-10
アークヒルズ仙石山
森タワー