0件保存中
確認する>>

マツダ株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

マツダは1999年、「企業ビジョン」を制定しました。「企業ビジョン」は、「Vision(企業目標)」、「Mission(役割と責任)」、「Value(マツダが 生み出す価値)」の3つの要素で構成され、マツダとマツダの社員が目指すもの、その役割と責任、それをどのような価値観をもって達成する のかを表しています。(会社HP)

ビジョン・理念について

私たちはクルマをこよなく愛しています。
人々と共に、クルマを通じて豊かな人生を過ごしていきたい。
未来においても地球や社会とクルマが共存している姿を思い描き、
どんな困難にも独創的な発想で挑戦し続けています。
1.カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します。
2.地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供します。
3.挑戦することを真剣に楽しみ、独創的な”道(どう)”を極め続けます。
(企業HP)

会社について

マツダ株式会社は自動車や自動車部品の製造・販売を行っている企業です。ブランドエッセンスとして「走る歓び」を掲げています。マツダの自動車に乗ることで、自信や誇り、活力が生まれて欲しいと考えており、性能・機能だけでなく、感動を与えることができる自動車作りをしている自動車メーカです。「デミオ」や「ロードスター」が有名で、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産数で世界一とギネスブックの認定を受けています。

企業の特徴・強み

マツダはコーポレートビジョンに「カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します」と掲げています。運転していて楽しい、笑顔になれるなどのドライビングフィールを大事にしている企業です。
「Zoom-Zoom(ズームズーム)」をプレミアムブランドとして掲げ、子どもの時に感じた動くことへの感動を追い求めています。

事業・商品・サービスについて

マツダはプレミアムブランド「Zoom-Zoom(ズームズーム)」を掲げ、商品を製造・販売しています。コンパクトカー「デミオ」、スポーツカー「ロードスター」などが主力製品です。ロードスターは「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスに認定されています。「どこから踏んでも心地よい加速フィーリング」や「オープンカーならではの風の感じ方」など顧客を笑顔にすることを目標に製造されている自動車です。

業界動向

自動車業界は、若者の自動車離れや都市への人口集中などが予測されており、現在も好調な業績ではありません。そんな中、注目されているのは軽自動車とハイブリットカーです。低価格で維持費が安い軽自動車の比率が上がっており、4割を超えています。ハイブリットカーも環境問題への意識の高まりやガソリン価格の高騰により人気上昇中です。国外では、アメリカ・インドが業績好調なものの、多くの国で不信が続いています。世界的に注目されているのは自動運転車などに興味を示している「Apple」や「Google」です。

業界でのポジション

トヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツなど国内国外問わず、幅広い範囲で展開している大手自動車メーカーがいる中、マツダ株式会社は国内販売台数シェア6位を位置しています。主力製品はコンパクトカー「デミオ」、スポーツカー「ロードスター」です。幅広いラインナップ、生産台数で勝負するのではなく、マツダを選んでくれる顧客を笑顔にすることを考えて製造しています。「Zoom-Zoom」を掲げ、顧客の感動を追い求めている企業です。

ES/面接での質問事項

「学生時代に困難に直面したときにどうやって乗り越えましたか?」
「やりたい仕事以外の仕事に関して、興味はありますか?」
「5年後、10年後のキャリアプランを教えてください」

会社名

マツダ株式会社

事業内容

乗用車・トラックの製造、販売など

設立年月日

1920年1月30日

代表者

小飼 雅道

従業員数

単体 男性: 19,424名 
女性: 1,854名 
合計: 21,278名(出向者を含む)
連結 合計: 40,892名

所在地

〒730-8670
広島県安芸郡府中町新地3番1号