0件保存中
確認する>>

モルガン・スタンレー

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

ビジョン・理念について

モルガン・スタンレーは、お客様の立場を第一に考え、個々のニーズを深く理解することを設立以来の変わらぬ企業理念としてまいりました。80年以上にわたる長い歴史を通して、私たちはお客様の戦略的な事業目標の達成に向け、革新的な金融ソリューションと商品をお届けし、グローバル資本市場への架け橋となるべく、たゆまぬ努力を続けています。(企業HPより)

会社について

1935年にモルガン商会の証券部門が分離独立する形でモルガン・スタンレー設立されました。
ジョン・ピアポント・モルガン(モルガン商会の創設者)の孫にあたるヘンリー・モルガンと、新会社の社長に就任したハロルド・スタンレーで新会社を率いました。
また、1970年には東京駐在員事務所を開設し、外資系投資銀行の中でも早い時期に日本に進出を果たしています。

企業の特徴・強み

モルガン・スタンレーは世界を代表する金融サービス企業であり、国内には1300人のスタッフが在籍しています。投資銀行業務から株式、証券、債権など、様々な分野において顧客の事業目標達成の手助けを行っています。
日本支店の設立は1970年、外資系投資銀行としては早い段階で日本に進出し、80年代には東京証券取引所の正会員権を取得した日本初の外資系証券会社となりました。

事業・商品・サービスについて

モルガン・スタンレーは、投資銀行、証券、資産運用、ウェルス・マネジメント事業において多岐にわたるサービスを提供しています。誠実さと卓越性、そしてお客様を大切にする姿勢を何よりも重視する企業です。
また、国際金融市場の発展の一助を担うため、長期的なコミットメントを持って積極的にビジネスを展開しており、世界各地のクライアントに質の高い金融ソリューションを提供することを目標としています。
現在、世界43カ国以上にオフィスを持っており、すべてのクライアントにグローバルな事業展開と、各国市場の特質を踏まえたうえでの財務アドバイスを通じ、事業目標を達成できるようなサービスの提供をしています。

業界動向

グローバル金融の業界規模は7656兆円です(2014年 IDCジャパン調べ)。グローバル金融においては世界的なシェア争いが激しくなっています。2008年のリーマン・ショック後、世界の主要金融機関の経営は一変し、国際的な資本規制が強化され、自己売買部門でリスクをとって収益を稼ぐ投資銀行業務は縮小を迫られており、各社で新たなビジネスモデルの模索が続いています。

業界でのポジション

米国内のグローバル金融業界にはJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、ゴールドマン・サックスがいます。
モルガン・スタンレーの総資産98兆円、時価総額9.3兆円を持っており、業界内において投資銀行業務に強いことが特徴です。主な日本拠点にはモルガン・スタンレーMUFG証券(51%出資)、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(40%出資)、モルガン・スタンレーインベストメント・マネジメントがあります。

ES/面接での質問事項

・あなたのキャリアをスタートする場所にモルガン・スタンレーを選ぶ理由を日本語で答えなさい。(300文字)
・当社のSummer Insight Programへの参加を志望する理由を記述してください(200文字)

会社名

モルガン・スタンレー

事業内容

設立年月日

代表者

従業員数

所在地

ホームページ

この会社の募集
現在この会社の求人はありません。購読して募集開始の際に、通知を受け取れます。