0件保存中
確認する>>

伊藤忠商事株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

伊藤忠商事株式会社は、1858年初代伊藤忠兵衛が麻布の行商で創業したことにはじまり、一世紀半にわたり成長を続けてまいりました。
現在は世界65ヶ国に約130の拠点を持つ大手総合商社として、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、保険、物流、建設、金融の各分野において国内、輸出入及び三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開しております。(会社HPより)

ビジョン・理念について

Comitted to the Global Good
豊かさを担う責任
伊藤忠グループは、個人と社会を大切にし、未来に向かって豊かさを担う責任を果たしていきます。
(企業HPより)

会社について

伊藤忠商事株式会社は、1858年に創業され、成長を続けてきた企業です。世界65ヶ国に約130の拠点を持つ大手総合商社であり、五大商社と呼ばれる大手総合商社トップ5社に含まれています。商社のメイン業務であるトレーディングでは繊維や食品など各分野において国内、輸出入及び三国間取引をしています。他にも国内外における事業投資をしており、近年では中国の国有コングロマリットに6,000億円以上の投資を行っています。※コングロマリットとは異業種の会社を合併などで吸収し、多種類の事業を営む大企業のことを言います。

企業の特徴・強み

伊藤忠商事は繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、保険、物流、建設、金融の各分野においてトレーディングを行っています。中でも非資源分野に力を入れており、繊維や食品などに強みを持っています。かつて多数の紡織会社を傘下に持っていたため、繊維部門の売上は総合商社の中でも群を抜いているのが特徴です。また、中国ビジネスでも先行しており、2015年には大規模な投資を行っています。

事業・商品・サービスについて

伊藤忠商事では原料などの川上から、小売などの川下までを事業領域としており、下記の6分野で営業組織のビジネスを展開しています。
・繊維カンパニー
・金属カンパニー
・食料カンパニー
・機械カンパニー
・エネルギー・化学品カンパニー
・住生活・情報カンパニー
ビジネスを展開していくにあたって、伊藤忠商事では企業理念にある「豊かさを担う責任」を大事にしており、顧客、株主、サプライヤー、社員の豊かさを担って人々の暮らしを支えることを重視しています。

業界動向

総合商社業界では五大総合商社と呼ばれる三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事が有名です。そのほかにも双日や豊田通商などがあります。商社のメイン業務である貿易業務は資源価格、石油価格などの市況に影響されやすく、2015年の資源価格の下落が響き、五大総合商社でも赤字や減益となっている状況です。そのため今までのメイン業務である貿易業務に加え、事業投資に力を入れる企業が増えており、各商社が得意とする事業領域への投資が進んでいます。

業界でのポジション

伊藤忠商事はみずほグループの総合商社であり、五大商社の1社です。
メイン業務であるトレーディングでは、非資源分野に力を入れており、繊維や食品などに強く、繊維部門の売上は総合商社の中でも群を抜いています。また国内外での事業投資も行っており、国内ではファミリーマートやユニーグループ・ホールディングス、スカパーJSATホールディングスに事業投資をしています。また、国外では中国においてはビジネスを先行しています。

ES/面接での質問事項

「大学時代頑張ってきたことは何ですか?」
「伊藤忠商事を志望する理由を教えて下さい。」
「会社に入ってどんな仕事がしたいですか?」

会社名

伊藤忠商事株式会社

事業内容

繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、保険、物流、建設、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開。

設立年月日

1949年12月1日

代表者

岡藤 正広

従業員数

4,364名

所在地

〒107-8077
東京都港区北青山2丁目5番1号