0件保存中
確認する>>

株式会社プラン ドゥ シー

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

日本・世界の素敵な場所に、街の価値を上げ、関わる人すべてが誇りを持てる最高に心地良い空間を作り、進化させ続けていく(会社HPより)

ビジョン・理念について

ミッション
日本のおもてなしを世界中の人々へ

ビジョン
日本・世界の素敵な場所に、街の価値を上げ、関わる人すべてが誇りを持てる最高に心地良い空間を作り、進化させ続けていく。(企業HPより)

会社について

株式会社Plan・Do・Seeは、ホテルの運営やウェディング、レストラン運営などを行っている企業です。ミッションとして、「日本のおもてなしを世界中の人々へ」と掲げており、顧客第一のサービスを提供しています。目指しているのは世界に誇れるホテルを生み出していくことです。Plan・Do・Seeは、日本が世界に誇れる最高の文化である「おもてなしの心」を盛り込み、世界中で話題になるようなホテルをプロデュースしています。

企業の特徴・強み

「おもてなしの心」を徹底的に追及している点が特徴です。「他のホテルがやってることをやる」「顧客に頼まれたからやる」のではなく「自らが顧客だったらどのようなサービスに心を惹かれるか」を考えて事業を展開しています。
Plan・Do・Seeならではの、社員ならではの、顧客ならではのサービスを提供していくことで、世界のどこにもない感動や体験を創ることができる企業です。歴史に名を残すようなホテルマネジメント会社を目指しています。

事業・商品・サービスについて

Plan・Do・Seeはホテル運営、ウェディング、レストラン運営など行っています。
様々なサービスを提供している中で、すべてのサービスにおいて大事にしている考え方が「I am one of the customers.」です。自分が顧客だったらどのようなサービスが嬉しいか、食べたい料理は何か、どれくらいの価格であって欲しいか、という視点を持ち、サービスを提供しています。常に顧客の創造を超え、Plan・Do・Seeだけのスタイルを創造している企業です。

業界動向

円安に伴い、ホテル業界は業績を伸ばしています。円安である日本に旅行すれば出費が抑えられるため、訪日外国人の数が増加している状況です。日本ではホテルオークラ、ニュー・オータニ、帝国ホテルの3社が御三家と呼ばれていますが、ザ・リッツカールトンやヒルトン、ハイアットなど外資系ホテルも数多く参入しています。それでも民泊施設の不足が発生しており、「Airbnb」を中心とした民泊なども注目されているサービスの一つです。

業界でのポジション

御三家と呼ばれるホテルオークラ、ニュー・オータニ、帝国ホテルや外資系ホテルであるザ・リッツカールトンやヒルトン、ハイアットなど大手が多い業界の中、Plan・Do・Seeは「自分が顧客だったら」という独特な視点から、世界のどこにもない感動や体験を創る企業です。ホテルだけでなく、ウェディングやレストラン運営を行っています。また、海外事業ではニューヨークやパリ、マイアミなどに拠点を持つグローバル企業です。すべての事業・拠点で「おもてなし」を軸に展開しています。

競合企業

株式会社ホテルオークラ

株式会社ニューオータニ

株式会社帝国ホテル

ES/面接での質問事項

「将来の目標を教えてください」
「なぜPlan・Do・Seeでないといけないのですか?」
「小さい頃はどんな子でしたか?」

会社名

株式会社プラン ドゥ シー

事業内容

レストラン / バンケット(ウェディング) /ホテル等の運営、企画

設立年月日

1993年4月

代表者

代表取締役 野田 豊加

従業員数

社員数約620名、総従業員約1100名(2014年9月)

所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
この会社の募集