0件保存中
確認する>>

株式会社ジェイティービー(JTB)

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

JTBグループは、「アジア市場における圧倒的No.1ポジションを確立し、長期的・安定的な成長を可能とする基盤を完成させる」ことを目指した「2020年ビジョン」*1を掲げ、あらゆるマーケットに対する挑戦を続けています。
JTBグループの事業領域は、人々の交流を創造し、促進する「交流文化事業」*2です。地域の皆様とその土地固有の魅力を磨き上げることによって、旅行だけではない、新たな需要を創造し、事業化を図っています。また、日本を中心に考えていた人々の交流を、アジアを中心とした「世界発・世界着」の観点でビジネスモデルを展開し、世界中のお客様に感動と喜びをお届けするグローバルブランドを目指しています。
今、世界は、2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定されたこともあって、日本独自の文化・商品・サービスに注目しており、日本を訪れる外国人も飛躍的に増えています。私たちはグローバル規模の事業を通じ、日本の観光立国の実現と、ツーリズム産業の発展に寄与してまいります。
*1「2020年ビジョン」:
2020年までにJTBグループが実現を目指す姿
*2「交流文化事業」:
お客様の感動と喜びのために、JTBならではの商品・サービス・情報および仕組みを提供し、地球を舞台にあらゆる交流を創造すること(会社HPより)

ビジョン・理念について

JTBグループは、「アジア市場における圧倒的No.1ポジションを確立し、長期的・安定的な成長を可能とする基盤を完成させる」ことを目指した「2020年ビジョン」を掲げ、あらゆるマーケットに対する挑戦を続けています。
JTBグループの事業領域は、人々の交流を創造し、促進する「交流文化事業」です。地域の皆様とその土地固有の魅力を磨き上げることによって、旅行だけではない、新たな需要を創造し、事業化を図っています。また、日本を中心に考えていた人々の交流を、アジアを中心とした「世界発・世界着」の観点でビジネスモデルを展開し、世界中のお客様に感動と喜びをお届けするグローバルブランドを目指しています。
今、世界は、2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定されたこともあって、日本独自の文化・商品・サービスに注目しており、日本を訪れる外国人も飛躍的に増えています。私たちはグローバル規模の事業を通じ、日本の観光立国の実現と、ツーリズム産業の発展に寄与してまいります。
(企業HPより)

会社について

株式会社ジェイティービーは、旅行業界では日本最大、世界でも有数の事業規模を誇る企業です。国内ではパッケージツアーを中心とした旅行業に加え、「JTB時刻表」や「旅行雑誌るるぶ」などの出版業から、ホテル、情報サービス、金融など旅行業以外の様々な事業も統括しています。また、旅行業界全体が円安の影響を受けている中、国内旅行で圧倒的なシェアを得ているジェイティービーは競合と比べると被害が少ないです。しかし、国内だけでなく、東南アジアなどの海外拠点も積極的に拡充しています。

企業の特徴・強み

ジェイティービーは国内旅行に強みを持った旅行会社です。国内旅行の取扱高はJTBが約9,500億円で1位、2位の楽天トラベルが約3,400億円と大差をつけてトップとなっています。国内旅行に限らず、国内国外合わせた全体の取扱高も1位です。また、旅行業のノウハウを活かして、地域活性化事業やソーシャルビジネスにも注力しています。総合旅行業に限定されず交流文化事業として、業界の枠を超えた事業投資や企業買収を行っています。

事業・商品・サービスについて

「ジェイティービー=旅行業」のイメージが強いと思いますが、現在は交流文化事業という大きな枠で事業を捉え、サービスを提供しています。交流文化事業というのは、ジェイティービーのノウハウを活かして、今まで観光スポットと捉えられていなかった場所に、観光客が集まるようなプログラムを作ることによって、地域活性を行う事業です。もともとある観光スポットをパッケージ化する旅行業だけでなく、今までにない新しい価値を創り出す交流文化事業を展開しています。

業界動向

円安傾向が続いていることにより、旅行業界は伸び悩んでいます。円安だと旅行先での支出額が増えるため、海外旅行を控える日本人が増えるという背景があるからです。旅行会社は航空券の価格を下げることで、海外旅行を持ち直そうと考えていましたが、海外での感染症やテロが日本のニュースでも取り上げられており、現在も海外旅行客が増えていません。その反面、円安は海外から日本への旅行を増やしており、安倍政権も訪日外国人数を2000万人まで増やすと掲げています。そこで問題になっているのが、旅行会社は海外から日本へ来る旅行をあまり取り扱っていないという問題です。日本への旅行客が増えている中、旅行客を取り込むことができず、円安のメリットを失っています。各社が戦略を立てている状況です。

業界でのポジション

円安により、伸び悩んでいる旅行業界ですが、ジェイティービー(JTB)は、業界トップとなっています。海外旅行領域だけで捉えると、エイチ・アイ・エス(HIS)がジェイティービーを越えていますが、国内旅行、国内海外合わせた旅行全体で捉えると、日本旅行や楽天トラベルに大差をつけて1位です。また、旅行業にとどまらず、交流文化事業として地域活性化などを手がけ、まちを盛り上げることで、新しい観光地、新しい価値を創り出しています。

ES/面接での質問事項

「これまでに力を注いだこととその中で得たものを教えてください」
「就職活動で軸にしているものは何ですか?」
「旅行会社の10年後をどのようにイメージしていますか?」

会社名

株式会社ジェイティービー(JTB)

事業内容

(1)
旅行業
(2)
旅客鉄道会社及びその他の運輸機関の乗車船券類の発売に関する事業
(3)
観光地の開発並びに旅行及び観光施設に関する事業
(4)
健康保養施設の開発、運営に関する事業
(5)
図書の出版販売及び旅行関係情報の提供に関する事業
(6)
旅行用諸物品の販売及び取次事業
(7)
コンピューターによる情報処理に関する事業
(8)
広告及び宣伝並びに各種催物の企画、あっ旋、実施に関する事業
(9)
国際・国内会議の開催に関する企画・立案及び請負業務
(10)
各種興行の入場券及び会員券の販売並びに取次事業
(11)
不動産の売買、賃貸借及び管理に関する事業
(12)
貨物自動車運送業及び各種運送代理店業
(13)
損害保険代理店業及び生命保険募集に関する業務
(14)
航空旅客取扱業
(15)
国際航空貨物代理店業
(16)
国内航空貨物代理店業
(17)
通関業
(18)
倉庫業
(19)
金銭貸付業
(20)
信用保証及び信用調査に関する事業
(21)
両替業
(22)
労働者派遣事業
(23)
通訳、翻訳業
(24)
医薬品、化粧品、電気製品、衣料用繊維製品、貴金属宝石、時計、遊技機器、スポーツ用品、食料品、飲料、酒類、家具、寝具、工芸品、皮革ゴム製品、健康機械器具、光学機械器具、コンピューター、事務用品、たばこ、郵便切手、収入印紙、日用品雑貨等の販売・通信販売及び輸入並びにその取次事業
(25)
割賦販売及び割賦購入あっ旋に関する事業
(26)
結婚式場、披露宴会場、貸衣装のコンサルタント業務及びブライダル関連物品類のあっ旋、販売
(27)
石油類及び自動車の販売並びに自動車の修理に関する事業
(28)
飲食店業
(29)
旅行・観光及び文化に関する研修・セミナーの開催並びに指導
(30)
ホテル業
(31)
駐車場業
(32)
印刷業
(33)
総合リース業
(34)
商品券・プリペイドカードの発行及び販売並びに取次事業
(35)
警備業
(36)
電気通信事業
(37)
資金移動業
(38)
健診・検診、検査等のあっ旋に関する事業
(39)
インターネットを利用した情報提供サービス、並びに宿泊施設、観光施設、飲食店等の予約の代理、媒介又は取次業務
(40)
前各号に付帯し又は関連する一切の事業
(41)
前各号の事業への投資及び融資

設立年月日

1963年11月12日

代表者

髙橋 広行

従業員数

26,194名(グループ全体 2015年3月31日現在)

所在地

〒140-8602
東京都品川区東品川2-3-11 JTBビル
この会社の募集
現在この会社の求人はありません。購読して募集開始の際に、通知を受け取れます。