0件保存中
確認する>>

Strategy&(pwc)

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

PwCネットワークのStrategy&は、世界最大級の戦略コンサルティング・ファームとして、約100年にわたる活動の歴史から得られた経験や示唆をもとに、ビジネスリーダーの目線に立った実践的なコンサルティング・サービスの提供を目指しています。(会社HPより)

ビジョン・理念について

クライアントのためにコンサルティング業界を変革する
(企業HPより)

会社について

Strategy&は1914年に設立された、世界的な戦略系コンサルティング会社です。当時は「ブーズ・アンド・カンパニー」という社名でしたが、2014年にPwCネットワークに加わり、「Strategy&」へ社名変更をしています。自動車・産業機械や金融サービス、医薬・医療などクライアントは幅広く、業界・企業にあったコンサル手法でサービスを提供する企業です。世界30カ国以上に拠点を持つグローバル企業として、世界的に活躍しています。

企業の特徴・強み

Strategy&の強みは、PwCネットワークを用いて、プライスウォーターハウスクーパースと共に戦略立案から戦略の実行まで行う点にあります。Strategy&は戦略系コンサルティングファームであり、戦略立案が得意です。プライスウォーターハウスクーパースは総合系のコンサルティングを行っており、戦略を実行する部分に強みを持っています。2社のネットワークを活かし、戦略立案から実行まで一貫してサポートする体制が整っています。

事業・商品・サービスについて

Strategy&は戦略系コンサルティング会社です。自動車・産業機械や金融サービス、医薬・医療など幅広い分野の企業をクライアントにしています。PwCネットワークを用いて、プライスウォーターハウスクーパースと共に戦略立案から戦略の実行までコンサルティングしており、世界30カ国以上にサービスを提供している企業です。

業界動向

国内での業界規模は3090億円(2014年、IDCジャパン調べ)。
コンサルティング業界はM&Aの仲介や企業経営の中心に関わるもの、人事戦略など幅広い業務を行うことが特徴。マッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループなど知名度の外資系コンサルが有名で、日系ではシンクタンク系の多くなっています。近年は経営統合などで規模を拡大し、様々な分野に対応する総合コンサルティング会社が増えており、コンサル業界では競争が増しています。

業界でのポジション

金融系コンサルティング、戦略系コンサルティングなどいくつかの領域に分かれているコンサルティング業界ですが、Strategy&は戦略系コンサルティングを行っています。企業の経営戦略を立案するような仕事であり、日本でも外資系のコンサルティングファームがシェアを獲得しています。Strategy&はボストン・コンサルティング・グループやマッキンゼー・アンド・カンパニーと共に、世界中で注目されているコンサルティング会社の1つです。

ES/面接での質問事項

「社会に出ることの意義をどのように考えていますか?」
「経営コンサルティングを志望する理由は?」
「これまでに最も達成感を感じた出来事とその理由は?」

会社名

Strategy&(pwc)

事業内容

コンサルティング

設立年月日

1983年

代表者

代表取締役
今井俊哉

従業員数

約100名

所在地

〒106-6127
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー27階