0件保存中
確認する>>

株式会社ベネッセコーポレーション

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

ベネッセグループは「Benesse=よく生きる」を企業理念とし、教育、介護の領域を中心に事業展開しています。
(企業HPより)

ビジョン・理念について

bene(よく) + esse(生きる)
Benesse
「よく生きる」
Benesse。それは、「志」をもって、夢や理想の実現に向けて
一歩一歩近づいていく、そのプロセスをも楽しむ生き方のこと。
私たちは、一人ひとりの「よく生きる」を実現するために、
人々の向上意欲と課題解決を生涯にわたって支援します。
そして、お客さまや社会・地域から支持され、
なくてはならない企業グループを目指します。
(企業HPより)

会社について

株式会社ベネッセコーポレーションは、教育、語学、生活、介護の分野で事業展開を行い、顧客の学びと成長を一生涯にわたって支援する企業グループです。徹底した顧客価値の向上と、さらなる成長を目指し、経営資源の分配を大きく変更し、既存の枠にとらわれない事業を進化を加速させています。研究開発やマーケティングなど、全ての分野で顧客との接点を増やし、いっそう価値を感じさせる商品開発をしています。また、独自の強みである教育の知見、赤ペン先生やスタッフなどによるサポート、教育機関とのネットワーを強化するとともに、時代を切り拓くイノベーションを目指しています。

企業の特徴・強み

株式会社ベネッセコーポレーションの最大の強みは規模です。教育分野では国内に270万人、海外には100万人の会員を有しています。その他にも「たまごクラブ」「ひよこクラブ」などの生活分野、高齢者向けホーム及び住宅運営などの介護分野、グローバル人材教育分野である「ベルリッツ」を展開しており、その全てが数字に表れています。

事業・商品・サービスについて

株式会社ベネッセコーポレーションは、学習参考書などに加え、通信教育の「進研ゼミ」や英会話教室の「ベルリッツ」を展開しています。EdTech分野で世界有数の規模であるユーデミーと業務提携を行い、2015年から日本での展開を行いました。特に進研ゼミは国内最大の規模を誇るとともに、1969年から続く歴史ある学生向け通信教育コンテンツです。

業界動向

全国的な少子化が話題に上がる昨今、教育業界は売上が漸減しています。大学入試制度の改革を目前に控えた現在、これまでの学習塾のノウハウが通じなくなることが予見される一方で、学力向上にITを活用することが有効だと見られ、異業種企業が教育業界に参入しています。それに代表されるのが現在注目を集める、リクルートの「スタディサプリ」やカドカワの「N高校」などです。教育業界はここ数年で大きな変化を迎えようとしています。

業界でのポジション

株式会社ベネッセコーポレーションは教育業界(通信・出版)において業界屈指の企業です。売上高は4500億を超え、営業利益は300億に迫り、業界最大の規模を誇ります。特に、出版に軸を置く他社に比べ、通信教育や英語教育に特に力を入れて展開しており、大手学習塾にも出資しています。また、EdTech分野で有名なユーデミーと業務提携を行い、2015年から日本での展開を行いました。2014年に起こった個人情報の大量漏洩の一件から、立て直しが急務となっています。

競合企業

株式会社増進会出版社

株式会社学研ホールディングス

学研ホールディングス

ES/面接での質問事項

「あなたがもっとも成長したと実感した出来事」
「ベネッセのインターンシップの志望理由」
「ベネッセのインターンシップに期待すること」

会社名

株式会社ベネッセコーポレーション

事業内容

教育、出版、通信販売事業

設立年月日

1955年1月28日

代表者

代表取締役社長 原田 泳幸

従業員数

所在地

〒700-8686
岡山市北区南方3-7-17
この会社の募集
現在この会社の求人はありません。購読して募集開始の際に、通知を受け取れます。