0件保存中
確認する>>

株式会社リンクアンドモチベーション

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

リンクアンドモチベーションは独自技術「モチベーションエンジニアリング」によって、「自ら動く個人」と「戦略を実行する組織」をリンクさせます。(会社HPより)

ビジョン・理念について

「モチベーションエンジニアリングによって組織と個人に変革の機会を提供し意味のあふれる社会を実現する」を経営理念として掲げています。独自の基幹技術である「モチベーションエンジニアリング」によって、個々人のモチベーションを組織の全体戦略にリンクさせること、さらに「組織戦略」「マーケティング戦略」「採用戦略」「IR戦略」「プレイス戦略」をリンクさせ、ワンストップで企業変革をサポートすることで、社会の活性化に貢献していきたいと考えています。(企業HPより)

会社について

株式会社リンクアンドモチベーションは、2000年4月に創業した「モチベーション」に焦点を当てたコンサルティング企業です。同社の代表技術である「モチベーションエンジニアリング」は、再現性と実効性を強みに、創業以来多くの企業変革をサポートしてきました。「社員のモチベーションを成長エンジンとする経営が時代を制する」というメッセージの下、そのような会社を「モチベーションカンパニー」と名付け、同社独自の診断技術や変革技術によって、多くのモチベーションカンパニー創りに貢献してきました。

企業の特徴・強み

株式会社リンクアンドモチベーションの特徴は、企業ではたらく社員のモチベーションを高めることを目的としたコンサルティング業務を行っていることです。企業経営における重要な要素の中で、社員がモチベーションを保ち続けるにはどうすればいいか、という観点から、採用、社員教育、人事制度の設計などの事業を行っています。採用や社員教育を統合し「社員のモチベーション」にフォーカスし、コンサルティングを行っている企業は他になく、No.1かつオンリーワンといえます。

事業・商品・サービスについて

株式会社リンクアンドモチベーションは、モチベーションマネジメント事業と、エントリーマネジメント事業など主に4つの事業行っています。働く「人」や「組織」に活力がなければ企業には大きな成果がでないとし、独自の技術である「モチベーションエンジニアリング」により社員のモチベーションを成長エンジンとする『モチベーションカンパニー』創りをサポートしています。また採用活動におけるコンサルティングでは、企業と応募者の価値観のすり合わせを採用段階で綿密に行うなど、どの事業においても人を軸にした事業を行っています。

業界動向

国内での業界規模は3090億円(2014年、IDCジャパン調べ)。
コンサルティング業界はM&Aの仲介や企業経営の中心に関わるもの、人事戦略など幅広い業務を行うことが特徴。マッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループなど知名度の外資系コンサルが有名で、日系ではシンクタンク系の多くなっています。近年は経営統合などで規模を拡大し、様々な分野に対応する総合コンサルティング会社が増えており、コンサル業界では競争が増しています。

業界でのポジション

株式会社リンクアンドモチベーションは、コンサルティング業界の中でも人材コンサルティングに分類されますが、業界で唯一人材のモチベーションにフォーカスしたコンサルティングを行っています。企業の採用から社員の育成などを包括的に扱っており、他社とは違う視点を持つ企業といえます。したがって、提供サービスが同じという企業が存在せず、人材のモチベーションに関するコンサルティング会社としての立ち位置を確立しています。

ES/面接での質問事項

「何をがんばったのか」
「苦しかったこと、その時どう感じ考え行動したか」

会社名

株式会社リンクアンドモチベーション

事業内容

モチベーションエンジニアリングによる企業変革コンサルティング
モチベーションマネジメント事業(人事・教育支援)
エントリーマネジメント事業(採用・動員支援)

設立年月日

2000年3月27日

代表者

代表取締役会長 小笹 芳央
代表取締役社長 坂下 英樹

従業員数

所在地

〒104-0061
東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル

経営は、いつも、人にたどり着く。

どんなに優れた戦略があっても、
どんなに潤沢な資金があっても、
どんなに完成されたITシステムがあっても、
それらを扱うは、すべて「人」。

更に言えば「人のモチベーション」がなければ、
全て、机上の空論で終わってしまう。

この想いから、
世界初の「人のモチベーション」を切り口とした
オンリーワンのコンサルティングファームとして、
2000年に私たちは誕生しました。

以降、超大手企業の構造変革や成長ベンチャーの基盤整備など
数多くの案件を手掛け、2008年には東証一部に上場。

ドメインは「人・組織」という領域を超えて
「ブランドマネジメント」、「IRコンサルティング」まで拡大。

さらに、プロスポーツチームの経営、教育機関の設立など、
「多様な人の生きがいを創り出す」領域にまで
拡大してきました。

近年は特に、企業の海外進出の支援、グローバル人材の育成など
国内から海外へとビジネスが広がっています。

組織は『協働システム』である

一般的なものの見方である「要素還元的」な考え方をした時に、
5人の組織は、5人が集まった状態であるとされます。

しかし、モチベーションエンジニアリングでは、その関係性に着目し、
5人の組織を「10本のコミュニケーションチャネルを持った協働システム」
であると位置づけます。

もし、その組織に1人のメンバーが加わるとしたら、
「1人増えた」ではなく「コミュニケーションチャネルが15本になった」
と考えるのです。

この独自の組織観はルーマンの「社会システム論」を下敷きにしたもの。
組織はいわば「要素還元できない関係の束」であり、
「組織の問題は『人』ではなく『間』に生じる」と捉えています。
この会社の募集