0件保存中
確認する>>

株式会社ワークスアプリケーションズ

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

日本企業の情報投資効率を世界レベルへ

日本の大手企業の商習慣は、世界的にみても細かく複雑です。1990年代、「COMPANY」ができるまでは、その商習慣に対応する
ERPパッケージをつくることは不可能と言われていました。

そのため、日本の大手企業は、莫大な費用を投下して、オーダーメイド・システムを組むか、海外のERPパッケージを
カスタマイズするしか選択肢はなく、情報システムの投資効率は、「米国に比べて10年は遅れている」と言われる次第でした。

このままでは日本企業は弱体化し、国際競争力は低下し続ける。IT投資コストそのものを劇的に下げるためには、
日本の大手企業がそのまま使えるERPパッケージの製品化が必須である、このミッションに挑戦することを私たちは使命と捉えたのです。

今日、「COMPANY」は1000社を超える企業からご支持いただき、ERPパッケージのスタンダードとして評価されるまでに成長しました。
「日本企業の情報投資効率を世界レベルへ」という創業以来の使命は、「日本の国際競争力の向上に寄与する」という、
よりグローバルな文脈で捉えることで、新たなるステージに入りました。

世界市場でERPパッケージのスタンダードになる。私たちの挑戦は続きます。(会社HPより)

ビジョン・理念について

日本企業の情報投資効率を世界レベルへ
クリティカルワーカーに活躍の場を
(企業HPより)

会社について

株式会社ワークスアプリケーションズは、大手企業向けERPパッケージソフトを開発・提供しています。ERPパッケージソフトとは、部門ごとに別々に構築されているシステムを統合して、経営を効率化するソフトのことです。1996年に創業され、既に1100社グループを超えています。また顧客は官公庁や大手商社、メーカー、海外企業などです。19期連続増収を達成していると同時に、「働きがいのある会社」調査でも上位にランクインしており、2010年度では、第1位に選ばれています。

企業の特徴・強み

株式会社ワークスアプリケーションズの強みはERPパッケージソフトで国内1位のシェアを獲得している点です。ERPパッケージソフト領域では、SAPジャパン、ORACLEなど外資系大手企業がサービスを提供している中、株式会社ワークスアプリケーションズが上場企業の2.5社に1社を顧客としています。「人事給与」、「会計システム」が主力のサービス領域です。

事業・商品・サービスについて

株式会社ワークスアプリケーションズはERPパッケージソフトを提供しています。ERPパッケージソフト「COMPANY」には様々なパッケージが含まれており、人事管理や給与計算のパッケージ、財務会計や管理会計のパッケージの知名度が高いです。また、世界初の人工知能型ERPシステム「HUE」を開発・提供しており、注目されています。

業界動向

システム開発やセキュリティ対策を行う、ITサービス業界、ソフトウェア業界は現在業績好調です。背景としては、官公庁・自治体や大手金融機関など大規模な組織での案件が増えたことがあげられます。特にみずほ銀行の新勘定系の大型プロジェクトは注目されている案件です。また、マイナンバー制度の導入により、大規模なシステム改修が必要となったり、セキュリティ対策必要になり、ソフトウェア企業が順調に業績を伸ばしています。

業界でのポジション

ITサービス業界にはシステム開発やソフトウェア開発、ハードウェア開発など様々な領域があります。株式会社ワークスアプリケーションズはソフトウェア開発の中でも、ERPパッケージソフトに力を入れている企業です。SAPジャパン、ORACLEなど外資系大手企業もサービス提供している領域ですが、現在、株式会社ワークスアプリケーションズがシェア1位を獲得しており、「人事給与」、「会計システム」の領域では他社に差をつけています。

ES/面接での質問事項

「この会社に入って成長することを希望した理由 」
「ある特定の結果を出すためにどのような取り組み方をするか 」
「自分の今回の面接時の受け答えを客観的にどう評価するか」

会社名

株式会社ワークスアプリケーションズ

事業内容

大手企業向けERPパッケージソフト「COMPANY」および「HUE」の開発・販売・サポート

設立年月日

1996年7月1日

代表者

代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸
代表取締役最高執行責任者 阿部 孝司
代表取締役最高技術責任者 石川 芳郎

従業員数

3,872名(連結)※2015年6月末時点

所在地

〒 107-6019
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル19階
この会社の募集