0件保存中
確認する>>

株式会社伊藤園

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

豊富なラインアップをもつ総合飲料メーカーとしてこれからも一歩一歩着実にそして力強く伊藤園は歩んでまいります。(会社HPより)

ビジョン・理念について

「お客様第一主義」
(企業HPより)

会社について

株式会社伊藤園は、大手飲料品製造業者の一つで、お茶、野菜ジュース、コーヒーなどの飲料品を製造・販売しています。中でも一番有名な商品は「お~いお茶」です。飲料メーカーでは4位規模の株式会社伊藤園ですが、緑茶飲料ではトップクラスの売り上げを誇り、「お~いお茶」専用の茶畑も国内に展開しています。飲料領域では、タリーズコーヒージャパン株式会社のグループ会社化も行っており、タリーズコーヒーの缶販売が好調です。

企業の特徴・強み

株式会社伊藤園は新しい販売方法を見出し、飲料業界を牽引しています。昭和54年に、中華人民共和国の会社と取引を開始するなど、国境を越えたウーロン茶の購入・販売を行うようになり、業界初の350mm入りのウーロン茶を製造・販売しました。また、350mm入りの日本茶「煎茶」(後の「お~いお茶」)を製造・販売したのも株式会社伊藤園です。様々な挑戦により、業界を牽引しています。

事業・商品・サービスについて

株式会社伊藤園はお茶、野菜ジュース、コーヒーなどの飲料品を製造・販売する大手飲料メーカーです。緑茶は「お~いお茶」、野菜ジュースや「1日分の野菜」、飲料水は「エビアン」などが伊藤園の主力商品となっています。また、タリーズコーヒージャパン株式会社をグループ会社化し、タリーズのコーヒーを缶で販売しています。

業界動向

メーカー業界の中でも、飲料市場ではコカ・コーラや伊藤園、サントリー、キリン、アサヒ、サッポロなど大手企業が多く存在しています。量販店の安売りが続いており、市場が伸び悩んでいるため、各社企業・事業買収に積極的です。アサヒグループのカルピス買収やサッボロとポッカの統合企業「ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社」の設立に加え、サントリーの海外飲料買収や日本たばこ産業の一部事業買収が業界で注目されています。

業界でのポジション

株式会社伊藤園は、大手飲料メーカーの1社で、緑茶「お~いお茶」や野菜ジュース「1日分の野菜」を武器にシェアを上げている企業です。飲料業界全体では4位、緑茶では1位を獲得しています。飲料業界の競合他社が企業・事業の買収などを手がけている中、株式会社伊藤園が行ったのはタリーズコーヒージャパン株式会社をグループ化です。2位のサントリー、3位のアサヒと違い、酒類を扱っていない飲料メーカーであることも特徴となっています。

ES/面接での質問事項

「なぜ伊藤園で働きたいのですか、何をしたいですか?」
「学生時代に力を入れた事は何ですか?」
「伊藤園の世界戦略はどうすべきだと思いますか?」

会社名

株式会社伊藤園

事業内容

設立年月日

1966年8月22日

代表者

代表取締役会長 本庄八郎
代表取締役社長 本庄大介
代表取締役副社長 本庄周介

従業員数

所在地

〒151-8550
東京都渋谷区本町3丁目47番10号