0件保存中
確認する>>

株式会社大林組

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

大林組は、1892年(明治25年)の創業以来、歴史と伝統に裏付けされた技術力と誠意ある仕事で高品質の建設サービスを提供してまいりました。

近年、社会はかつてないスピードと規模で大きく変化しています。こうした状況下で建物・施設に求められるニーズも急激に変化し、多様化しています。お客様の事業に貢献することはもとより、環境への配慮や安全・安心の提供といった社会のニーズを先取りした提案を行い、高付加価値、高機能の建設サービスを提供することで、応えてまいります。
(企業HPより)

ビジョン・理念について

「地球に優しい」リーディングカンパニー

1.優れた技術による誠実なものづくりを通じて、空間に新たな価値を創造します。
2.地球環境に配慮し、良き企業市民として社会の課題解決に取り組みます。
3.事業に関わるすべての人々を大切にします。
これらによって、大林組は、持続可能な社会の実現に貢献します。(企業HPより)

会社について

大林組は大手総合建設会社であり、スーパーゼネコンと呼ばれるゼネコン(土木・建築工事全体のとりまとめを行う建設業者)の大手です。総資産や年間売上、建築新技術の開発等においては国内トップであり、関西に強い地盤を持っています。建設会社の中でも、唯一株価が上がっていて注目されている企業であり、東京スカイツリーの建設やJR東海が計画しているリニア新幹線、建設以外ではメガソーラーの拡大など行っている建設会社です。

企業の特徴・強み

高品質な建設サービスを提供している点が強みであり、時代によって変わるニーズに合わせた建物、施設の建設を行うのはもちろん、環境や安全・安心を配慮した提供といった高機能の建設サービスを提供しています。理念に『「地球に優しい」リーディングカンパニー』とあるように再生エネルギー事業を手がけていたり、従来のメイン事業である建築、土木、開発に加えて、新たな領域での収益の創出も考え、ビジネスを展開している企業です。

事業・商品・サービスについて

大林組は安全・安心を配慮した建設サービスを提供していおり、耐震技術などが強みです。東京スカイツリーや六本木ヒルズ森タワーなどの高い建物や阪神甲子園球場、丸の内ビルディング、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど人の集まる施設の建設で強みを活かしています。環境面にも力を入れており、再生エネルギー事業として、メガソーラーにも力を入れている企業です。

業界動向

建設業界は、スーパーゼネコンと呼ばれる5社(大林組、鹿島建設、大成建設、清水建設、竹中工務店)が目立っています。東日本大震災の復興や首都圏の再開発などで需要が高まり、2015年には鹿島建設を除くスーパゼネコンの決算は好調です。今後も東京オリンピック関連で増えてくる工事やJR東海が計画しているリニア新幹線、首都圏の再開発など需要が高まり、建設業界全体の業績アップが予測されています。人手不足のみが懸念されている状況です。

業界でのポジション

大林組はスーパーゼネコンの中でも総資産や年間売上、建築新技術の開発等で1位の建設会社です。大掛かりな建設にも多く関わり、東京スカイツリーや阪神甲子園球場、丸の内ビルディング、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどに関わっています。また都市の再開発に強みを持っているのも特徴です。品川セントラルガーデンや虎ノ門ヒルズ、グランフロント大阪などの再開発を手がけています。耐震技術に優れており、大規模建設にて力を発揮している企業です。

ES/面接での質問事項

「趣味・特技はなんですか?」
「自己の特徴・長所(セールスポイント)は何ですか?」
「建設業に興味を持った理由および大林組でやりたい仕事とその理由を教えてください」

会社名

株式会社大林組

事業内容

国内外建設工事、地域開発・都市開発・海洋開発・環境整備・その他建設に関する事業、及びこれらに関するエンジニアリング・マネージメント・コンサルティング業務の受託、不動産事業ほか

設立年月日

1936年12月

代表者

取締役社長 白石 達

従業員数

8,369名(平成27年3月現在)

所在地

〒108-8502
東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟