0件保存中
確認する>>

株式会社日本総合研究所

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

日本総研は、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の総合情報サービス企業として、企業や社会に対する新たな課題の提示・発信(イシュー・レイジング)から、 課題に対する解決策の提示と解決への取り組み(ソリューション)、新たな市場や事業の創出(インキュベーション)などを通じ、それぞれの分野で企業や社会が求める創造的な付加価値を生み出しています。
当社の役割は、本質を見据え、これまでにない新たな価値から未来を切り拓くことです。
プロフェッショナルとして、日本の輝かしい未来を具現化したいと考える方にとって、最高の環境がここにはあります。(会社HPより)

ビジョン・理念について

新たな顧客価値の共創
(企業HPより)

会社について

株式会社日本総合研究所は、三井住友フィナンシャルグループのシンクタンク系コンサルティング会社です。シンクタンク・コンサルティングに加え、三井住友フィナンシャルグループ向けのシステムインテグレーション(情報システムを企画から設計、開発、導入、保守まで一貫して行うサービス)を行っています。「新たな顧客価値の共創」を理念として掲げ、システム開発や経営戦略コンサルティングなど、多岐にわたるビジネスを展開しています。

企業の特徴・強み

株式会社日本総合研究所は三井住友フィナンシャルグループの一員であることを強みに、ビジネスを展開しています。1番の強みは三井住友銀行自体が高い知名度を活かせたり、系列企業の金融サービス・システムを独占していることから、他社にはない営業基盤があることです。また、金融・ITともに高い専門性を持つ点も評価を受けています。

事業・商品・サービスについて

株式会社日本総合研究所はシンクタンク系コンサルティング会社です。主にシンクタンク・コンサルティング業務・三井住友フィナンシャルグループを中心としたシステム開発を提供しています。経営戦略や産業振興・創造などの事業戦略にまで踏み込んだコンサルティングを行う点が特徴的です。金融・ITの専門性を組み合わせ、ハイレベルな金融サービスを提供しています。

業界動向

国内での業界規模は3090億円(2014年、IDCジャパン調べ)。
コンサルティング業界はM&Aの仲介や企業経営の中心に関わるもの、人事戦略など幅広い業務を行うことが特徴。マッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループなど知名度の外資系コンサルが有名で、日系ではシンクタンク系の多くなっています。近年は経営統合などで規模を拡大し、様々な分野に対応する総合コンサルティング会社が増えており、コンサル業界では競争が増しています。

業界でのポジション

戦略系コンサルティング、金融系コンサルティングなど様々な分野があるコンサルティング業界ですが、株式会社日本総合研究所はシンクタンク系コンサルティングを行っています。シンクタンクとは政治や経済など多岐にわたる分野で調査・発表・解決策の提示を行う組織のことです。同業では三菱総合研究所や野村総合研究所が大手として目立っています。三井住友フィナンシャルグループの一員であることを活かして、ビジネスを展開する企業です。

ES/面接での質問事項

学生時代頑張ったこと(ESをさらに深堀)
志望動機ー(ESをさらに深堀・なぜIT業界か)
チームでの役割について
日本総研の業務内容・特殊性を理解しているかどうか
今後の社会はどうなるか

会社名

株式会社日本総合研究所

事業内容

・調査部
世界に羽ばたくシンクタンク。
精緻な分析と的確な提言で社会の変革に貢献します。

・創発戦略センター
シンクタンクから、”ドゥ・タンク”、そしてインキュベーターへ。
先進の知のチカラが、新しい事業やマーケットを創出します。

・総合研究部門
本質的な視野・視点による実践的な解決策を提言・実行。
日本社会・日本企業の世界に通用する潜在力を引き出します。

・システム開発部門
IT戦略に基づく総合コンサルティングからシステムの構築、運用まで、トータルなベストソリューションを提供します。

設立年月日

1969年2月20日

代表者

代表取締役社長 渕崎 正弘
代表取締役 飯田 耕造

従業員数

2,198名(2015年3月末現在)

所在地

東京本社
〒141-0022
東京都品川区東五反田2丁目18番1号
大崎フォレストビルディング

大阪本社
〒550-0001
大阪市西区土佐堀2丁目2番4号
この会社の募集
現在この会社の求人はありません。購読して募集開始の際に、通知を受け取れます。