0件保存中
確認する>>

国際連合児童基金(UNICEF)東京事務所

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

UNICEF(国連児童基金)は、1946年に、第二次世界大戦で被災した子どもたちに対し、緊急支援を行なうために設立された国際機関です。

以来UNICEFは、すべての子どもたちの権利が守られる世界を実現するために、世界150以上の国と地域で、保健、栄養、水・衛生、教育、HIV/エイズ、保護、緊急支援、アドボカシー(政策提言)などの活動を実施しています。子どもの生存のための基礎的な社会サービスの支援に加え、UNICEFは常に子どもの権利の擁護者、代弁者として、子どもたちをめぐる現状を分析・モニタリングし、具体的な政策提言を各国の指導者や国際社会に対して行っています。

こうした活動をする上でUNICEFは、1989年の国連総会において採択された「子どもの権利条約」を指針として掲げています。(会社HPより)

会社名

国際連合児童基金(UNICEF)東京事務所

事業内容

NICEF東京事務所は、UNICEFの日本・韓国管轄事務所として、両国政府からの政府開発援助(ODA)による資金協力や、国会議員、国際協力機構(JICA)、非政府組織(NGO)等との連携を促進しています。

設立年月日

代表者

UNICEF東京事務所代表 平林 国彦

従業員数

所在地

〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学本部ビル8F