0件保存中
確認する>>

住友不動産株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

ビジョン・理念について

基本使命
より良い社会資産を創造し、それを後世に残していく

行動指針
1.快活な気風・・・・・率直な提言
2.高い目標・・・・・現状の改革
3.新しい発想・・・・・新分野の開拓
4.コンプライアンスの実践 法令、社内規則、社会常識、倫理に基づいた事業活動を行います。
5.反社会的勢力との関係遮断
6.ステークホルダーとの信頼関係持続 お客様、株主・投資家、取引先、地域社会、行政、従業員との信頼関係の持続が不可欠です。
7.環境の保全 省資源、省エネルギー、資源リサイクル、CO2削減などの取組みを通じて、地球環境の保全に努めます。(企業HPより)

会社について

住友不動産株式会社は、住友グループの不動産会社であり、三井不動産や三菱地所に並ぶ大手総合デベロッパー(土地開発し、ビル建設や街づくりをこなう事業者)です。オフィスビルや施設開発に強みを持つ三井不動産や三菱地所に対して、分譲や賃貸などリテール事業に強みを持っています。マンション発売戸数では全国1位、首都圏1位も獲得しており、存在感のある不動産会社です。新宿住友ビルディングなど、都内を中心に200を超えるビルも保有・運営しています。

企業の特徴・強み

住友不動産は不動産業界の中でもマンション領域に強みを持っています。発売戸数として全国1位、首都圏1位を獲得している点も強みですが、特に強いのは利益率です。戦略として、値引きをほとんどせずに、じっくり時間をかけてマンションを売っており、マンション領域で競合である野村不動産の利益率が14%の中、住友不動産は20%を超えています。

事業・商品・サービスについて

住友不動産は新宿住友ビルディング、泉ガーデンタワーなどのオフィスビル開発、分譲・賃貸などのリテール事業、住友不動産ベルサールなどのイベント施設事業などを行っています。中でもマンション領域に強みを持っており、発売戸数や利益率では業界トップです。また、シックな色使いで、総ガラス張りの建築方法であり、外観をよくすることで、マンションの資産価値を高め、値引きしなくても売れる戦略をとってます。

業界動向

不動産業界はオフィスビルや商業施設などの賃貸ビル事業と、マンション販売などの住宅事業の2つを中心とした事業展開をしている業界です。近年ではオフィスビルの需要が高く、大手不動産デベロッパーはオフィス街の開発やオフィスビル・商業施設・マンションが一体となった大規模な地域一帯開発に注力しています。東京オリンピックなど政府による支援も大きく、注目されている業界です。また、日本の人口減少に伴い、海外事業を強化しています。欧米では地域一帯開発の強みを持つ不動産デベロッパーが少なく、期待されている領域です。

業界でのポジション

オフィス街の開発など大規模な開発を得意とする三井不動産、三菱地所が「双璧」と呼ばれている中、住友不動産はマンション領域を強みとして、営業利益で三井不動産、三菱地所と並ぶ大手不動産会社です。マンション領域では発売戸数も利益率も1位であり、売上を伸ばしています。オフィスビルでは空室率が競合よりも高いという課題を抱えている状況です。新宿住友ビルディングなど、都内を中心に200を超えるビルを保有・運営し、課題解決に向かって事業展開を行っています。

ES/面接での質問事項

「あなたの長所をひとつ教えてください」
「自分なりの街づくりについてのアイデアを教えてください」
「君の性格を一言で言うならなんですか?」

会社名

住友不動産株式会社

事業内容

ビルの開発・賃貸
マンション・戸建住宅の開発・分譲
宅地の造成・分譲
海外不動産の開発・分譲・賃貸
建築土木工事の請負・設計・監理
不動産の売買・仲介・鑑定 ほか

設立年月日

1949年12月1日

代表者

代表取締役社長 仁島 浩順

従業員数

11,855名(平成27年3月31日現在・連結)

所在地

東京都新宿区西新宿二丁目4番1号(新宿NSビル)