0件保存中
確認する>>

森永製菓株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

ビジョン・理念について

おいしく、たのしく、すこやかに
(企業HPより)

会社について

森永製菓株式会社は、森永乳業株式会社とともにモリナガグループを形成している大手の菓子メーカーです。1899年に創立者の森永太一郎が前身である森永西洋菓子製造所を設立したことが始まりとされています。日本国内でもトップクラスの菓子メーカーであり、「チョコボール」や「森永ミルクチョコレート」、「おっとっと」など人気商品も数多く誕生させており、長く親しまれています。現在では国内のみならず世界的にも堅実に展開しており、購入者を増やしています。

企業の特徴・強み

森永製菓株式会社の特徴は人気の高いお菓子を多く開発し販売しており、購入者の満足度が非常に高いというのが特徴です。グループの企業理念として「おいしく、たのしく、すこやかに」と掲げており、理念に沿った商品開発や広報戦略を展開しています。従来の告知方法であるTVCMだけでなく、Webサイトなどの活用にも挑戦し、新しい技術やアピール方法に対応した活動を積極的に行っています。

事業・商品・サービスについて

森永製菓株式会社として主な事業は菓子事業で、菓子の中でも、チョコレート菓子においては種類が豊富で幅広い年代から支持を受けています。チョコレート菓子の1つ「チョコボール」は長年愛されているロングラン商品であり、応募で豪華な景品が貰える。というのから大人から子供まで人気です。他にも森永のチョコレートはバレンタインデーの時期になると多く購入される商品であり、ミルクチョコレートなど種類も沢山あります。

業界動向

少子高齢化の影響により、国内の食品需要は頭打ちが続きます。さらに、円安による原材料費の高騰や、ドライバー不足による物流面での費用高騰といった逆風が吹いているのが現状です。国内に主因があるこの問題の打開策である海外展開強化は、業界全体としていま一歩の状況です。また、最近注目されるのが「機能性表示制度」です。機能表示が国の認定なしに表示することが可能になりました。

業界でのポジション

森永製菓株式会社のメイン事業である菓子事業は、業界内でのシェアが高く、2015年度の菓子メーカー売上高ランキングでは4位と好成績を獲得しています。「おいしく、たのしく、すこやかに」という理念のもと、「チョコボール」や「森永ミルクチョコレート」、「おっとっと」など人気商品を多数製造・販売している企業です。また、大手菓子メーカーの中でも広報戦略に力を入れており、従来のTVCMに限らず、Webサイトなどの活用にも挑戦しています。

ES/面接での質問事項

「自己PRをしてください」
「森永製菓の歩むべき道をどのように考えていますか?」
「自分がどんな人物か教えてください」

会社名

森永製菓株式会社

事業内容

当社は菓子(キャラメル・ビスケット・チョコレート等)、食品(ココア・ケーキミックス等)、冷菓(アイスクリーム等)、健康(ゼリー飲料等)の製造、仕入れ及び販売を主要な事業としております。

設立年月日

1910年2月23日

代表者

代表取締役社長 新井 徹

従業員数

1,356名

所在地

〒108-8403 東京都港区芝5-33-1