0件保存中
確認する>>

東京海上日動火災保険株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

ビジョン・理念について

お客様の信頼をあらゆる事業活動の原点におき、「安心と安全」の提供を通じて、豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献します。

・お客様に最大のご満足を頂ける商品・サービスをお届けし、お客様の暮らしと事業の発展に貢献します。
・収益性・成長性・健全性において世界トップクラスの事業をグローバルに展開し、東京海上グループの中核企業として株主の負託に応えます。
・代理店と心のかよったパートナーとして互いに協力し、研鑽し、相互の発展を図ります。
・社員一人ひとりが創造性を発揮できる自由闊達な企業風土を築きます。
・良き企業市民として、地球環境保護、人権尊重、コンプライアンス、社会貢献等の社会的責任を果たし、広く地域・社会に貢献します。
(企業HPより)

会社について

東京海上日動火災保険株式会社は、東京海上ホールディングス傘下の損害保険会社です。保険料収入・損益共に業界大手だった東京海上日動火災保険株式会社ですが、競合の合併や経営統合などにより、グループでの保険料収入では、MS&ADインシュアランスグループホールディングスと損保ジャパン日本興亜ホールディングスに次いで3位となっています。三菱商事、三菱東京UFJ銀行、キリンホールディングスなどと共に三菱グループの一員です。

企業の特徴・強み

東京海上日動火災保険株式会社の強みの一つとして、顧客に安心を届けるといった中長期ビジョンを掲げている点があげられます。そこで評価されているのが、生命保険と損害保険が一体となって顧客にサービスを提供すること、リスクコンサルティング(保険の見直しや、最適な保険の提案)の高度化です。顧客から選んでもらえる損害保険であることを目指しています。

事業・商品・サービスについて

東京海上日動火災保険株式会社は主に国内損害保険事業、国内生命保険事業、海外保険事業の三つを行っています。国内損害保険事業は、顧客のニーズに幅広く答えられるような体制を組み、顧客との接点を増やすことで、現在業界大手となっている事業です。国内生命保険事業では、利益生の高い領域に的を絞り、利益成長を続けています。海外保険事業は先進国と新興国でバランス良くM&Aなど行い、成長中です。

業界動向

保険業界は主に生命保険と損害保険の二つで成り立っています。 生命保険業界は、人口現状や少子高齢化などの変化により顧客のニーズが死亡保障から医療保障に変わりつつある状況です。死亡保障による売上によって業界大手となっていた企業がシェアを落とし外資系や独立系などがシェアを高めてきています。損害保険業界は、若者の自動車離れなど、自動車保険の今後に問題を抱えている状況です。大手損害保険会社は、海外展開を進めており、各国で大型買収が行われています。

業界でのポジション

東京海上日動火災保険株式会社は、グループでの保険料収入でMS&ADインシュアランスグループホールディングスと損保ジャパン日本興亜ホールディングスに次いで3位となっている大手損害保険会社です。この三社はメガ損保と呼ばれています。メガ損保は国内自動車保険領域の業績悪化に伴い、生命保険事業の展開や海外展開も行っており、東京海上日動火災保険株式会社もその1社です。顧客の信頼を軸に、事業展開を行っています。

ES/面接での質問事項

「なぜ東京海上日動火災保険が第一志望か教えてください」
「困難に対する乗り越え方、挫折経験を教えてください」
「大学での成長はどのような成長でしたか?」

会社名

東京海上日動火災保険株式会社

事業内容

1.損害保険業
2.業務の代理・事務の代行
3.確定拠出年金の運営管理業務
4.自動車損害賠償保障事業委託業務

設立年月日

1879年8月

代表者

永野 毅

従業員数

17,125人

所在地

〒100-8050 東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
この会社の募集
現在この会社の求人はありません。購読して募集開始の際に、通知を受け取れます。