0件保存中
確認する>>

東京電力株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

東京電力の前身である「東京電燈株式会社」が設立されたのが1883年。
その4年後の1887年、電気事業を本格的に開始し、日本で初めて灯りをともしたのは、
エジソンがロンドンとニューヨークで電気事業を始めてからわずか5年後のことでした。
日々、技術革新に取り組むことで安定供給を行い、日本が高度経済成長期の途上にあった1951年、
新たに東京電力株式会社として事業を開始しました。
2011年3月11日以降、東京電力グループは、「福島原子力事故の責任を全うし、
世界最高水準の安全確保と競争の下で安定供給をやり抜く」ことを企業の使命とし、
グループの総力をあげてその実現に取り組んでいます。
また、今後より一層の人材や財務、技術などの経営基盤の強化を図り、
安定・低廉・便利な電力供給に万全を尽くしていきます。(会社HPより)

ビジョン・理念について

エネルギーの最適サービスを通じてゆたかで快適な環境の実現に貢献します
・「経営理念」は、「私たち東京電力グループが、世の中に存在し、企業活動を行うのは何のためか」という存在意義を示したものです。
・「ゆたかで快適な環境」とは、「便利でくらしやすいだけでなく、心豊かで、自然とも調和した持続可能な社会」と考えています。
・私たち東京電力グループは、お客さまや社会のニーズを先取りした、電気を中心とするさまざまなサービスをお届けすることで、そうした環境の実現に向け貢献していきます。(企業HPより)

会社について

東京電力株式会社は、群馬・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉・神奈川・山梨・静岡など首都圏を中心とした地域を営業範囲とする電力会社です。他の企業へ原料供給や提携を行い、日本国内の電力需要の3割を担うなど国内最大の電力会社でしたが、東京電力が持つ原子力発電所(福島)の東日本大震災による事故で巨額の賠償責任を負うことになりました。現在は日本国政府による公的資金が注入され、経営再建、原子力発電所の再稼働を目指しています。

企業の特徴・強み

東京電力の強みは圧倒的な電力供給量と電力自由化に向けた準備体制にあります。現在は、住んでいる地域別に指定された電力会社から電力を購入していたため、電力消費量が国内最大である関東地区に電力供給を行っていた東京電力は、国内で1番多く電力を供給できていました。2016年4月からは電力自由化が始まり、どの電力会社からでも電気を購入できるようになります。そこで東京電力は組織体制も大きく変更し、早めに対策を打っている企業です。

事業・商品・サービスについて

東京電力は関東地区を中心に電力供給を行っており、国内の電力需要の3割を担っています。また、2016年4月から始まる電力自由化に向けて、他社に先手を打つ形で、料金プランやセット割引などを告知し、東日本大震災の影響で離れて行ってしまった顧客に、アプローチしている状況です。中部地区、関西地区へと供給地域を拡大する意向も公表しています。

業界動向

電力業界、都市ガス業界は今、変化が訪れています。東日本大震災による原子力規制、原子力発電所の再稼働、燃料費急増による経営悪化、電力小売全面自由化が主な要因です。特に原子力による影響は大きく、審査を終了しないと原子力発電所を再稼働することができず、現状再稼働している原子力発電所はありません。また原子力発電の代わりに力を入れる火力発電でも、燃料費が急増し、経営は悪化していく一方です。各社電力自由化に着目し、通信会社などとの提携を始めています。

業界でのポジション

東京電力は国内の電力供給量の3割を担っているなど、国内最大手の電力会社でした。しかし、東日本大震災にて東京電力の原子力発電所事故が発生しています。巨額の賠償責任を負い、現在は日本国政府による公的資金が注入されている状況です。また、2016年4月から始まる電力自由化によって、顧客を増やすことができるか、他の電力会社に取られてしまうか、など業界での立ち位置は定まっていません。今後の動きに注目されている企業です。

ES/面接での質問事項

「志望部門で10年後どのように活躍したいか? 」
「電力会社に必要なことは?」
「お客様の信頼を得る為になにをするか?」

会社名

東京電力株式会社

事業内容

設立年月日

1951年5月1日

代表者

廣瀬 直己

従業員数

33,853人

所在地

〒100-8560 東京都千代田区内幸町1丁目1番3号