0件保存中
確認する>>

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

ビジョン・理念について

私たちJR 東日本グループは、駅と鉄道を中心として、お客さまと地域の皆さまのために、良質で時代の先端を行くサービスを提供することにより、東日本エリアの発展をめざします。
私たちは、「究極の安全」と「サービス品質の改革」に向けて、挑戦を続けます。また、技術革新やグローバル化の推進を通じて、幅広い視野を持つ人材の育成、鉄道の進化の実現、沿線価値の向上など、グループの無限の可能性を追求します。
私たちは、「信頼される生活サービス創造グループ」として、社会的責任の遂行とグループの持続的成長をめざします。
(企業HPより)

会社について

東日本旅客鉄道株式会社は、関東や東北地方をはじめ山梨県・長野県・新潟県を中心に展開する鉄道事業会社です。旅客輸送量の約80%、旅客収入の約70%が関東圏となっています。日本国有鉄道を分割民営化する形で他のJRグループとともに1987年4月1日に設立されています。現在は、旅客・貨物の鉄道事業の他にバスや旅行、電気通信、教育産業、不動産や行楽施設・旅館業など多岐にわたる事業を展開しており、JRグループの中でも最大手です。

企業の特徴・強み

首都東京を中心とした関東圏の鉄道事業が強みで、関東圏が旅客輸送量の約80%、旅客収入の約70%を占めています。分割民営化で首都圏を管轄区域内に持ったことで、旧日本国有鉄道から引き継いだ資産も大きく、それを活かした事業の多角化への取り組みにおいて早くから展開することに成功しています。そのため、30業種に近い事業展開を行っています。

事業・商品・サービスについて

主力の鉄道事業では東京都内を周回する山手線は都内の他の鉄道との乗り換えに利便性を持つ基本路線として機能しており、他のJR路線のみならず東京メトロなどと直通運転を行っています。また主要駅を多く有し、駅構内や駅前などを利用したショッピングセンター「ecute」、「ルミネ」などや「メトロポリタンプラザビル」などのオフィス事業、駅や車内を利用した広告出版事業を展開しています。

業界動向

運輸業界は大きく分けて、陸運・空運・海運の3つが存在しています。陸運はヤマト運輸や佐川急便、日本郵便などが有名です。燃油費の高騰や人材不足によりサービスの値上げをし、増益傾向にあります。空運はJAL、ANAの2強であり、国際線を拡大することによって訪日外国人のシェアを増やしています。海運は日本郵船や商船三井が有名で、自動車船やコンテナ船など幅広い種類の船を展開し、シェアを獲得しています。ニーズが大きかった中国の勢いが停滞し、業績も停滞中です。また、鉄道事業も運輸業界として捉えらており、JRや東急メトロなど有名です。

業界でのポジション

東日本旅客鉄道株式会社は、関東や東北地方をはじめ山梨県・長野県・新潟県を中心に展開する鉄道事業会社です。平成25年度では鉄道事業者の中で同社が売上高第1位となっています。2位のJR東海の1兆6,525億円・3位のJR西日本1兆3,310億円を大きく離して2兆7,000億円です。4位以下には近鉄や東急などの私鉄グループが入っています。東日本旅客鉄道株式会社の強みとして首都圏を含む有利な立地での鉄道事業が集客力となり、多角化とともに売上高に貢献している点があります。

ES/面接での質問事項

「自己PR、志望理由を教えてください」
「JR東日本の問題点・改善点は?」
「学生時代打ち込んだことは?」

会社名

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

事業内容

・旅客鉄道事業
・貨物鉄道事業
・旅客自動車運送事業
・索道業
・旅行業

上記の事業に附帯または関連する一切の事業、その他上記の目的を達成するために必要な事業

設立年月日

1987年4月1日

代表者

冨田 哲郎

従業員数

58,550人

所在地

東京都渋谷区代々木二丁目2番2号