0件保存中
確認する>>

任天堂株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

当社グループは、ホームエンターテインメントの分野で、健全な企業経営を維持しつつ新しい娯楽の創造を目指しています。事業の展開においては、世界のユーザーへ、かつて経験したことのない楽しさ、面白さを持った娯楽を提供することを最も重視しています。 (会社HPより)

ビジョン・理念について

目標とする経営指標

ホームエンターテインメントの業界は、常に新しい楽しさと面白さを持った商品を提供することを求められており、当社グループはそれを追求することで、継続性のある健全な成長と利益の増加による企業価値の向上を目指しています。また、取扱製品は娯楽品であり、その特性から製品開発に不確定要素が多く、さらには競争の激しい業界であることから、柔軟な経営判断を行えるように特定の経営指標を目標として定めていません。(企業HPより)

会社について

任天堂株式会社は、ファミリーコンピュータの発売以来、エンターテインメント製品を創り、日本発のホームエンターテインメント分野の産業において、世界的に知られるブランドを確立してきました。これまで、「世の中の人々を、商品やサービスを通じて笑顔にしていく」という信念のもと、誰もが楽しめる商品を目指してきました。しかし、これからは一歩前進して、「任天堂の知的財産に触れる人口を拡大する」ことへの注力を掲げています。同社は、時代に合わせて柔軟に変身させ、「娯楽は他と違うからこそ価値がある」という「独創」の精神を大切にすることで、顧客に良い意味で驚いてもらえる、商品やサービスの提供を目指しています。

企業の特徴・強み

任天堂株式会社は世界に展開するハードである「Wii U」や同じく世界的に人気なソフトである「大乱闘スマッシュブラザーズ」を有している点が強みです。現在世界のゲーム機のシェアはソニー、マイクロソフト、任天堂が占めているため、同社は、その他同業他社にはないプラットフォームを持ちます。また、ソフト面でも「スーパーマリオシリーズ」などのコンテンツを多数有しているため、世界的なブランドとしての価値を持ちます。

事業・商品・サービスについて

ハード面では「任天堂DS」から始まり現在では「Wii U」など据置型や携帯型のゲーム機を製造しています。ソフト面では、「スーパーマリオ」や「ゼルダの伝説」など国民的に有名なタイトルが多数開発しており、現在では世界的に有名なブランドになりました。常に新しい楽しさと面白さを持った商品を求められているホームエンターテインメントの業界に属する同社は、それを追求することで、継続性のある健全な成長と利益の増加による企業価値の向上を目指しています。

業界動向

ゲーム業界はスマートデバイスの普及により、世界的に規模が拡大しています。国内でのゲーム全体での市場規模が2014年に1兆2000億弱となり、過去最高になりました。ゲームアプリ単体では7000億を超え、市場全体の6割ほどを占める結果となりました。しかしながら業界参入が激しいために競争は激化、優劣も顕著に現れるゲームアプリでは淘汰も増えることになりそうです。

業界でのポジション

現在、ゲーム機の世界シェアでは、ソニーが展開する「PlayStation 4」とMicrosoftが展開する「Xbox ONE」、そして任天堂が展開する「Wii U」の3種が占めています。現在ではPlayStation4は51%のシェアを誇っており圧倒的ですが、世界を代表する3社のうちの1社という意味では圧倒的な規模を誇ります。一方でソフト面で世界的に人気な「マリオカート」や「大乱闘スマッシュブラザーズ」の売上はとても好調です。

ES/面接での質問事項

「あなたの強み」
「任天堂の志望動機」
「入社後の抱負及び将来の夢について」
「学業以外に特に力を入れたこと」

会社名

任天堂株式会社

事業内容

家庭用レジャー機器の製造・販売

設立年月日

1947年9月

代表者

代表取締役 社長 君島 達己
代表取締役 専務 竹田 玄洋
代表取締役 専務 宮本 茂

従業員数

連結社員数 5,116名(2015年9月末現在)
単独社員数 2,061名(2015年9月末現在)

所在地

京都市南区上鳥羽鉾立町11-1
この会社の募集
現在この会社の求人はありません。購読して募集開始の際に、通知を受け取れます。