0件保存中
確認する>>

みずほ証券株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

みずほ証券は、株式や債券等の証券関連分野において、個人のお客さまから国内外の機関投資家や事業法人・金融法人・公共法人等の法人のお客さまの幅広いニーズにお応えしています。(会社HPより)

ビジョン・理念について

みずほ証券株式会社はスローガンとして『One MIZUHO』と掲げ、みずほの顧客に対して付加価値の高い証券サービスを提供しています。みずほ銀行、みずほ信託銀行を含め、銀行・信託・証券の一体運営を推進し、幅広く金融ニーズにお応えしている企業です。「日本、アジア、ひいては世界の経済成長に資すること」と、「お客さまと喜びを共に分かち合える存在となること」を目指す姿として掲げています。
(企業HPより)

会社について

みずほ証券はみずほフィナンシャルグループ傘下の証券会社です。2009年に個人との取引は行わずに法人のみと取引するホールセール専業の証券会社であった(旧)みずほ証券と新光証券が合併し、個人法人ともに取引する総合証券会社になりました。今では個人顧客から国内外の機関投資家や事業法人・金融法人・公共法人等の法人顧客まで幅広いニーズを応える大手証券会社です。メガバンク系証券会社では三菱UFJ証券ホールディングスと並んでいます。

企業の特徴・強み

みずほ証券の特徴は2点、社債に強みがある点と資本基盤・顧客基盤が安定している点があります。みずほ証券は幾度かの合併を元に成り立っていますが、合併前は個人相手と取引をせずに法人のみと取引をするホールセール専業であり、社債に強みがありました。合併後の今でも社債市場に強みを持っています。また、みずほフナンシャルグループ傘下であるため、グループ会社であるみずほ銀行、みずほ信託銀行を含んだ、銀行・信託・証券の一体運営をしており、資本基盤や顧客基盤が安定しています。

事業・商品・サービスについて

みずほ証券は、3部門に分かれていて、それぞれ違う領域でビジネスをしています。
・リテール部門
顧客のリスク許容度や投資目的等に合わせて金融商品の提供を行っています。
・法人部門
ビジネスや企業の特性に合わせて最適な解決方法を提供し、経営戦略の立案や資金調達等を支援しています。
・市場・商品部門
株式セールス・トレーディング、リサーチ、ファンド(投資信託)、債券セールス・トレーディング等を行っています。

業界動向

証券業界は主に、個人を相手とするリテール部門と、法人を相手とするホールセール部門でビジネスを展開しています。知名度が高い証券会社には野村証券、大和証券、みずほ証券、三菱UFJ証券などがあります。アベノミクスにより株式市場が良好で、株式売買が拡大したことによって手数料収入が大幅に上がっています。今後は市況に左右される株式や投資信託の売買手数料だけでなく、投信の管理費用などの長期保有による預かり資産の拡大に転換していくと思われる業界です。

業界でのポジション

みずほ証券はメガバンク系の証券会社であり、三菱UFJ証券ホールディングスと並ぶ大手証券会社です。みずほフィナンシャルグループの証券会社であり、銀行・信託・証券の一体運営を活かしている企業です。独立系証券会社である野村ホールディングスや大和証券グループに比べると営業収益は少なくなっていますが、みずほ銀行、みずほ信託銀行と一体となって、みずほならではの取り組みのもと、幅広い金融ニーズに応えている企業です。

ES/面接での質問事項

「みずほ証券を志望する動機を教えてください。」
「あなたがこれまでリーダーとして挑戦したことを教えてください。」
「あなたは大学のゼミまたは研究室で何を研究していますか?」

会社名

みずほ証券株式会社

事業内容

金融商品取引業

設立年月日

1917年7月1日

代表者

取締役社長(代表取締役) 本山 博史(もとやま ひろし) 
取締役副社長(代表取締役) 今泉 泰彦(いまいずみ やすひこ)

従業員数

6,848名

所在地

〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエア
この会社の募集