0件保存中
確認する>>

インテル株式会社

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

コンピューティング・イノベーションを通じて、相互に接続された最先端のテクノロジーの限界を押し広げ、地球上のあらゆる人々が利用できる驚異的な体験の実現に取り組んでいます。(会社HPより)

ビジョン・理念について

Sponsors of Tomorrow
(企業HPより)

会社について

インテル株式会社はアメリカの半導体メーカーの日本法人です。メモリー、マイクロプロセッサー、半導体関係など世界中で使われているパソコンの大事な中枢部分は大体インテル製と言われている程にほぼ独占状態です。ブランド力も大きく、影響力があるため、アメリカ屈指のIT企業として世界的な大企業として名を轟かせています。50ヵ国以上に事務所を持つグローバル企業で、「世界の隅々に革新を」という言葉を掲げ、日々最新技術での開発を促進しています。

企業の特徴・強み

インテル株式会社の特徴は最先端技術による大容量パソコンメモリやプロセッサーなどの小型化、性能向上の伸び率です。パソコンの大事な中枢部分は大体インテル製であると言われるほど、圧倒的なシェアを獲得しています。そのため、インテルのブランド力には信頼が集まっています。「インテル入ってる?」というCMなど、広報活動も特徴的です。

事業・商品・サービスについて

インテル株式会社の主な事業はメモリーチップ関係、マイクロプロセッサー関係、その他CPUやパソコン関係の内部部品を開発製造販売をメインに行っています。特にCPU関係では世界のパソコン内部のシェア率80%以上を誇り、ほぼ独占状態です。他にもパソコン、タブレット端末やモバイル端末も販売しています。加えて、企業向けソフトやセキュリティソフトの開発もしており、信頼できるインテルのセキュリティに人気が集まっています。

業界動向

半導体業界は、スマートフォンの需要が高まったことや、クラウド化によるデータセンターでの需要の高まりによって好調な業績を残しています。現在の業界1位はインテル、2位はサムスン電子です。メインデバイスがPCだった時代に圧倒的なシェアを獲得してきたインテルですが、PCの需要が縮小し、伸び悩んでいます。また、今後IoT(コンピューター以外のモノに通信機能をつけること)やスマートウォッチなど新たな需要が生まれそうなため、注目されている業界です。

業界でのポジション

インテル株式会社は業界最大手の半導体メーカーです。質の高さ、ブランド力の高さ、セキュリティ力の高さが人気を集め、CPU関係では世界のパソコン内部のシェア率80%以上を獲得しています。他にもパソコン、タブレット端末やモバイル端末の販売や企業向けソフトやセキュリティソフトの開発も行っており、多方面で影響力のある企業です。「インテル入ってる?」というCMなど、広報活動にも積極的で、日本でも知名度は高いです。

ES/面接での質問事項

「自分の長所は?」
「志望動機を教えてください」
「大学ではどのような研究を行ってきましたか?」

会社名

インテル株式会社

事業内容

半導体を通じて、人々の仕事と生活をさらに豊かにする先進的な技術と製品を開発、提供。主要製品として インテル® Core™ i7 プロセッサー、インテル® Core™ i5 プロセッサー、インテル® Xeon® プロセッサー、インテル® Atom™ プロセッサー などのマイクロプロセッサー製品、およびフラッシュメモリー製品などを販売。

設立年月日

1976年4月28日

代表者

代表取締役 江田 麻季子

従業員数

約 580 名

所在地

東京都千代田区丸の内 3-1-1 国際ビル 5 階