0件保存中
確認する>>

グーグル・ジャパン株式会社(Google)

※購読する事で常に最新の情報が受け取れます

会社説明

Google 東京オフィスでは、さまざまな職種の社員が活躍しています。エンジニアは、日本だけではなく世界に向けた最新のプロダクトを、世界中のエンジニアとともに研究開発しています。卓越したビジネス センスと経験をもったセールスやマーケティングのメンバーは、日本のマーケットに向け、Google のサービスをどう役立てるかを日々考えています。他にも、多種多様な職種のメンバーが、やりがいをもって集まっています。あなたも、世界中の Google 社員と一緒に働いてみませんか?(会社HPより)

ビジョン・理念について

Google が掲げる 10 の事実
1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能します。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。
(企業HPより)

会社について

グーグル・ジャパン株式会社はアメリカのGoogle Inc.の日本法人です。Googleは検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供する企業で、世界中の企業の内、時価総額(企業価値を評価する指標)でAppleに次いで2位を獲得しています。グーグル・ジャパンは六本木ヒルズにオフィスを構えており、東京拠点として、日本でのサービス促進をしている企業です。

企業の特徴・強み

理念で一番初めに書かれているのが「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」です。この言葉の通り、ユーザーが使いやすいか、どんなサービスが使いたいか、何に困っているかなどユーザーに焦点を当てて、戦略を立てている点がGoogleの強みとなっています。Googleの主な収益はオンライン広告です。

事業・商品・サービスについて

Googleの主な事業内容は検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品です。検索エンジンに関して、日本ではYahooに次ぐシェア2位であるものの、世界では1位を取っています。また日本でも検索エンジンを移行しているため、検索結果の日本国内の98%をGoogleが占めるという状況です。

業界動向

スマホ人口の増加により、IT業界の市場は拡大し続けています。パソコンがメインで使われていた時代には、情報やサービスの入り口としてYahoo!のようなポータルサイトが使用されていたが、スマホが普及し、情報やサービスの入り口としてアプリが使われている状況です。同時にSNSやメッセンジャーアプリ、ブログ、ショッピングサイトなど各種Webサービス運営企業は、サービスをアップデートし、スマホでも使いやすいサービスになっています。比較的若い企業が多く、若手社員の出世などでも注目されている業界です。

業界でのポジション

Googleは世界での検索エンジンシェアで1位を獲得している企業であり、時価総額で世界2位と世界でもトップクラスの企業です。日本では検索エンジンとして2位のシェアを獲得しています。パソコンからスマホへ移行している流れを汲み取り、現在Googleの検索エンジンは、スマホ対応しているWebサイトが優先的に表示される仕組みを取り入れているサービスです。検索エンジン以外にも「Google マップ」や「Gmail」など運営しています。

ES/面接での質問事項

「志望理由や入社してやってみたいことは何ですか?」
「自己PR、長所、将来の夢、グーグルのサービスについて、グーグルに伝えたいことをどうぞ」
「あなたの8歳の甥にデータベースについて3つの文で説明するなら、どうしますか?」

会社名

グーグル・ジャパン株式会社(Google)

事業内容

設立年月日

1998年

代表者

従業員数

所在地

〒106-6126 東京都港区六本木 6-10-1
六本木ヒルズ森タワー 私書箱 22
この会社の募集