0件保存中
確認する>>

文部科学省

平成28年度夏期文部科学省インターンシップ

7月 11 - 16 日
5/24
応募締切

募集概要

~実際の現場で、文部科学行政を体験する~
文部科学省、スポーツ庁及び文化庁の各局課室に配属され、職員と机を並べて、実際の業務を体験することができます。当省の所掌する教育、科学技術・学術、スポーツ、文化の各分野で、文部科学行政の現場の空気を感じてください。
なお、応募を希望する学生・生徒が所属する学校(以下、「所属校」という。)においては、本実習の目的がより効果的に達成されるよう、事前及び事後指導も含め、教育課程の内外を通じて適切な指導を行っていただくようお願いします。

参考:「文部科学インターンシップ基本方針」(平成27年10月19日最終更新)
本実習は、学生・生徒に広く文教・科学行政に対する理解を深めてもらうとともに、自己の職業適性や将来設計について考える機会を拡大することを通じて、主体的な職業選択や高い職業意識の育成を図ることを目的とする。

日程

【実施時期及び期間】
平成28年7月11日(月曜日)~平成28年9月16日(金曜日)(一部の課室において平成28年9月30日(金)まで)の間で各局課室が設定する期間
※受入れ部署により実施時期・期間が異なります。詳細については、受入れ部署一覧を参照。

【時間】
原則として月曜日から金曜日までの連日
7月及び8月においては8時30分から17時15分まで
9月においては9時30分から18時15分まで
(うち休憩時間12時00分から13時00分まで)
(中学生は9時30分から17時00分まで)

開催場所

内容

~実際の現場で、文部科学行政を体験する~
文部科学省、スポーツ庁及び文化庁の各局課室に配属され、職員と机を並べて、実際の業務を体験することができます。当省の所掌する教育、科学技術・学術、スポーツ、文化の各分野で、文部科学行政の現場の空気を感じてください。
なお、応募を希望する学生・生徒が所属する学校(以下、「所属校」という。)においては、本実習の目的がより効果的に達成されるよう、事前及び事後指導も含め、教育課程の内外を通じて適切な指導を行っていただくようお願いします。

参考:「文部科学インターンシップ基本方針」(平成27年10月19日最終更新)
本実習は、学生・生徒に広く文教・科学行政に対する理解を深めてもらうとともに、自己の職業適性や将来設計について考える機会を拡大することを通じて、主体的な職業選択や高い職業意識の育成を図ることを目的とする。

応募締切

平成28年5月24日(火曜日)12時00分必着(メールにて提出)

※この締切日は、各所属校が学生・生徒の応募を取りまとめて文部科学省に提出する日です。学生・生徒が各所属校に提出する締切日ではないので御注意ください。学生・生徒が各所属校に提出する締切日は各所属校の担当部局で御確認ください。

※各所属校から応募書類をメールで受信後、こちらから3日以内に各所属校へ受信した旨メールをお送りいたします。受信確認のメールが届かない場合は、応募書類が文部科学省に届いていない可能性がありますので、高等教育局専門教育課まで御連絡ください。

応募資格

大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校、高等専修学校、高等学校、中学校の学生・生徒であって、原則として日本国籍を有する者。

応募職種

採用予定人数

文部科学省の各局課室の受入れ予定人数、時期・期間、条件、業務内容等の詳細については、以下の「平成28年度夏期文部科学省インターンシップ受入れ部署一覧」を参照してください。
※文部科学省の組織等の情報については、文部科学省ホームページ(組織図・各局の紹介)で確認してください。

工程

提出書類の作成に当たっては、記入要領(別添1)を参照してください。


各所属校は、推薦書(様式1)、推薦者一覧(様式2)、調査票(教育機関用)(様式3)、調査票(学生・生徒用)(様式4)を取りまとめ、メールにて担当窓口に提出してください。また、原則として学生・生徒個人からの直接の申込みは受け付けません。日本の大学に在籍したまま海外に留学している学生についても、在籍している日本の大学を通してお申込みください。なお、海外の学校に在籍している学生・生徒については個別の事情等を勘案し、対応しますので、担当窓口へ御連絡ください。なお、調査票(学生・生徒用)(様式4)についてはPDFファイルにて提出してください。

学生・生徒の受入れが決定した際には、文部科学省と各所属校との間で覚書(別添2)の締結を行いますので、推薦に当たっては、各所属校の責任において行ってください。また、受入れ学生・生徒(以下、「実習生」という。)が提出する誓約書(別添3)についても、各所属校にて取りまとめて提出してください。

受入れまでの一般的な流れについては、別添4を参照してください。

条件

実習に係る経費(実習参加のための自宅から文部科学省への交通費、実習期間中の交通費、滞在費、食事代、保険料等)は、原則として実習生本人が負担することとします。
この会社の他の募集
ご希望の求人がありませんか?購読すると、この会社の新着募集を通知します。
OVERVIEW
文部科学省
この会社を購読する
COMPANY INFOMATION
会社名
文部科学省
事業内容
設立年月日
代表者名
文部科学大臣 馳 浩
従業員数
所在地
〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
ホームページ
http://www.mext.go.jp/?ref=airinternmatome