0件保存中
確認する>>

国税庁

総合職技術系 総合職中央省庁セミナー

説明会・セミナー
お気に入りに追加する (1)
30秒で登録完了!

イベント詳細

国家公務員採用総合職試験を受験し、中央省庁への就職を考えている方に向けた業務説明会を、以下のとおり実施いたします。 国税庁は、きわめて巨大な組織であり、また、変化の激しい経済活動の最先端を常に追い続けなければならないという宿命を負った組織です。そのため、国税庁をリードする総合職職員には、「巨大な組織を率い、マネジメントしていくという意識と、最先端の経済活動に常にキャッチアップしていくという気概」、また、「幅広い視野を持つゼネラリストとしての能力と、税務行政の現場や各種法制度などに精通したスペシャリストとしての能力」が求められます。また、特に近年、経済のグローバル化を反映して、国税庁の国際業務も重要性を高めており、国際的な視点を持って仕事をすることも求められています。 こうした気概・能力を備え、国税庁を運営するということは、まさに日本という国家を支えることにほかなりません。ぜひ一度、説明会に参加いただき、職員の熱い想いを聞いてみてください。皆さんの知らない、国税庁の魅力に気づいていただけると思います。 ※国税庁の総合職採用は、全ての試験区分(理系区分を含む)から採用を行っております。
この説明会/セミナーの日程
ご希望の求人がありませんか?購読すると、この会社の新着募集を通知します。
OVERVIEW
国税庁
国税庁は、内国税の賦課徴収を担当する行政機関であり、昭和24年に設置されました。

 国税庁には、国税庁本庁のほか、全国に11の国税局、沖縄国税事務所、524の税務署が設置されています。

 国税庁本庁は、税務行政の執行に関する企画・立案等を行い、国税局(沖縄国税事務所を含む。以下同じ。)と税務署の事務を指導監督しています。(会社HPより)

 国税局は、国税庁の指導監督を受け、管轄区域内の税務署の賦課徴収事務について指導監督を行うとともに、大規模納税者等について、自らも賦課徴収を行う行政機関です。

 税務署は、国税庁や国税局の指導監督の下に、国税の賦課徴収を行う第一線の執行機関であり、納税者と最も密接なつながりを持つ行政機関です。

 以上のほか、税務職員の教育機関である税務大学校、また、特別の機関として、納税者の不服申立ての審査に当たる国税不服審判所があります。
この会社を購読する
COMPANY INFOMATION
会社名
国税庁
事業内容
設立年月日
代表者名
長官 中原 広
従業員数
所在地
〒100-8978
東京都千代田区霞が関3-1-1
ホームページ
https://www.nta.go.jp/?ref=airinternmatome